このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2014年CPUクーラー最強王座決定戦第3回

再び王座を狙う! 2014年CPUクーラー王座決定戦【第3回】

2015年01月22日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年恒例企画の「CPUクーラー最強王座決定戦」。2014年版は、昨年発売された数多くの空冷CPUクーラーの中から12製品をチョイス。リテールクーラーを含めた13製品の性能を比較する。

2014年に発売されたCPUクーラーのなかから12製品をピックアップ。その冷却性能をテストした

 いよいよベンチマーク大会も大詰め。最後はハイエンドCPUクーラーの定番メーカーとなるNoctuaと昨年末に次々と新モデルを投入したThermalrightの計4製品をテストしていこう。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-4790K」(4GHz/TB時4.4GHz、4コア/8スレッド)
マザーボード ASRok「Z97 Extreme4」(Intel Z97 Express)
メモリー PC3-12800 8GB×2
グラフィックス Intel HD Graphics 4600(i7-4790K内蔵)
SSD CFD「CSSD-S6T256NHG5Q」(256GB)
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows8.1 Pro Update(64ビット)

2009年度版トップの後継モデル
Noctua「NH-D15」

 Noctua「NH-D15」は、「2009年CPUクーラー最強王者決定戦」で王座に着いた「NH-D14」の後継モデル。ただでさえ強力な冷却性能を備える「NH-D14」をベースに、ヒートシンク形状の改良や搭載ファンの強化を施し、さらなる冷却性能を求めているハイエンドユーザーやオーバークロッカー大注目の一品だ。

●対応ソケット:LGA775/1150/1155/1156/1366/2011/2011v3、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2
●寸法/重量:150(W)×161(D)×165(H)/約1320g
●ファン回転数:300 ±20%~1500rpm ±10%(PWM制御)
●風量:~82.52CFM(140.2m3/h)
●ノイズ:24.6dBA
●実売価格:1万6800円前後
●製品情報URL:http://www.noctua.at/main.php?show=productview&products_id=68&lng=en

 ヒートシンク構造は、2ブロックのヒートシンク間にファンを配置するデザインに、6mm径×6本のヒートパイプやニッケルメッキ仕様の銅製ベースプレー採用と「NH-D14」と同じになっているが、新たにヒートシンク下部にメモリーとの干渉を抑える段差が設けられている。

 この段差により、シングルファン搭載時で全高64mmまで、デュアルファン搭載時で全高32mmまでのヒートスプレッダを装備したメモリーに対応可能になっている。

 ヒートシンクと違い、大きく変更されたのが搭載ファン。NH-D14の120mm、140mm構成から、サイズが140×150×25mmとなる「NF-A15 PWM」に変わっている。

ヒートシンク下部に切り込みを設けることで、ヒートスプレッダ装備メモリーも利用できるファンをIOポート側に取り付ければ、デュアルファンかつ、背の高いヒートスプレッダを装備したメモリー×4構成も可能に

 横幅は今回試した12製品の中でトップクラスになるため、拡張スロットとのクリアランスチェックはマストだ。ウェブサイトには、搭載可能マザーボードのリストがあるので、購入前に必ず確認しよう。

 性能はNoctuaの最上位モデルだけあって、冷却性能も静音性も文句なしの結果になっている。LGA 2011v3やSocket AM3などの高TDP CPUで長時間高負荷作業を行なう環境や、CPU限界動作を目指す、オーバークロックと静音性を両立させたい人にオススメ。最大のネックは1万7000円近い価格をCPUクーラーに出せるかどうかになるだろう。

アイドル時(Standard Mode)
  CPU温度 チップセット温度 メモリー温度 VRM温度 ファンノイズ ファン回転数
  27 ℃ 31.5 ℃ 27.5 ℃ 27.4 ℃ 46.9 dBA 1537 rpm
純正より ± 0.0 ℃ -0.1 ℃ -1.9 ℃ -3.2 ℃ +11.8 dBA -113 rpm
高負荷時(Standard Mode)
  CPU温度
(最高)
チップセット温度 メモリー温度 VRM温度 ファンノイズ ファン回転数
  77 ℃
(84 ℃)
32.7 ℃ 33.2 ℃ 29.4 ℃ 46.7 dBA 1560 rpm
純正より -16 ℃
(-15 ℃)
-1.7 ℃ -11.0 ℃ -7.3 ℃ +8.2 dBA -542 rpm
CPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態
アイドル時(Silent Mode)
  CPU温度 チップセット温度 メモリー温度 VRM温度 ファンノイズ ファン回転数
  30 ℃ 34.9 ℃ 28.2 ℃ 32.1 ℃ 32.4 dBA 571 rpm
純正より +3.0 ℃ +3.3 ℃ +2.6 ℃ +1.5 ℃ -2.7 dBA -1079 rpm
高負荷時(Silent Mode)
  CPU温度
(最高)
チップセット温度 メモリー温度 VRM温度 ファンノイズ ファン回転数
  78 ℃
(85 ℃)
33.4 ℃ 39.4 ℃ 32.7 ℃ 34.4 dBA 1023 rpm
純正より -15 ℃
(-13 ℃)
-1.0 ℃ -4.8 ℃ -4.0 ℃ -4.1 dBA -1079 rpm
CPU:OCCTテスト中の温度推移。10分間のストレステストと5分間の待機状態

→次のページヘ続く (Thermalright「SilverArrow ITX」

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中