このページの本文へ

Supermicro「C7Z97-M」

Supermicroのゲーマー向けMicroATXマザーが9日から発売

2015年01月06日 23時33分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サーバーやワークステーション向けマザーボードで定評のあるSupermicroから、Z97チップセットを搭載した「C7Z97-M」が登場。9日(金)から販売がスタートする。

Z97チップセットを搭載した「C7Z97-M」がSupermicroから登場

 「C7Z97-M」は、Z97チップセットを搭載するゲーマー向けのMicroATX対応マザーボード。Supermicro製品としては珍しいコンシューマー向けのモデルだ。代理店は、ASUSやCooler Masterなどを取り扱う株式会社アユートで、初回購入特典としてオリジナルUSBメモリー(8GB)がプレゼントされる店頭キャンペーンも始まる。

ゲーマー向けマザーボードとしてはシンプルな作り。このほか上位モデルとして「C7Z97-MF」もラインナップしている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x8×1、PCI Express(2.0) x4×1。メモリースロットはDDR3-DIMM×4(DDR3-3300/3200/3100/3000/2800/2666/2600/2400/2200/2133/2000/1866/1600/1333/1066、最大32GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット、7.1chサウンド、SATA3.0×6 、USB 3.0×6などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、DisplayPortを備える。
 予価は2万4480円で、オリオスペックでは予約受付中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中