このページの本文へ

日本語OCRソフトも付属

サンワサプライ、3秒で読み取れる小型名刺スキャナー発売

2014年12月24日 18時10分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
USB名刺管理スキャナ(OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

 サンワサプライは12月24日、名刺を3秒で読み取れる「USB名刺管理スキャナ 400-SCN005N」を発表。サンワダイレクトなどで発売した。

 USB給電で動作するためパソコンとの接続はUSBケーブル1本のみでスキャナー本体はほぼ名刺2枚分というコンパクトサイズ。スキャン速度は3秒/名刺1枚と高速で、CD-ROMで付属する名刺管理ソフトは日本語を含め世界24ヶ国語に対応するOCR機能を持ち、DropboxやiCloudへの保存も可能。

コンパクトサイズなボディはほぼ名刺2枚分

 名刺管理ソフトはスマホ版(有料)も用意されており、パソコン版と連携可能なほかスマホカメラで名刺を読み取ることも可能。

日本語OCR付き名刺管理ソフト「Worldcard Ultra Plus」が付属する 

 対応OSはWindows8.1、8、7、Vista、およびMac OS X 10.6.8以上。本体サイズは幅107×奥行き100×高さ28mm、重量は約168g。価格は1万6800円。

カテゴリートップへ