このページの本文へ

MARKETING 失敗しないスマホアプリ企画&マーケティング ― 第12回

「iAd」は意外と穴場!アプリ広告の出稿方法と効果とは

2014年12月19日 12時00分更新

池村 修/エキサイト

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

この連載が本になりました!

「ランキングが上がらない」「開発費が回収できない」アプリを作って終わりにしない現場のノウハウを凝縮。 「DL数が伸びない」「DAUが増えない」「課金されない」スマホアプリビジネスの悩みを、ASO、広告運用、内部改善など、豊富な事例をもとに解説。iOS/Androidマーケの全体像がつかめる国内唯一のアプリマーケ実践本です。連載時から大幅に加筆修正し、最新情報を盛り込みました!

事例に学ぶスマホアプリマーケティングの鉄則87

価格:2,700円 (本体2,500円) /形態:B5変 (208ページ)
ISBN:978-4-04-866451-6

 スマートフォンアプリのマーケティングノウハウを紹介する本連載。前回の記事では、Facebookのモバイルアプリインストール広告の使い方について、エキサイトの事例を基に解説しました。

 第12回は、アップルの広告配信プラットフォーム「iAd」の活用方法を紹介します。

アプリマーケティングの全体像と施策。今回は(4)広告宣伝

モバイル広告プラットフォーム「iAd」

  iAdは、iOS端末に特化したモバイル広告プラットフォームです。自社アプリに広告枠を設置して報酬を受け取る「iAd App Network」と、広告費を払って自社アプリの広告を配信する「iAd Workbench」があります。

 iAd Workbenchを使って出稿すると、以下のようにiAd App Networkに参加しているアプリに広告が配信されます。ユーザーが広告をタップすると、App Store内のダウンロードページに移動します。

iAd出稿イメージ

 iAdは、Facebook広告のようにアプリ内の特定の画面に誘導することはできませんが、ターゲット端末やアプリのダウンロード履歴に基づくユーザーセグメントを設定して広告を配信できます。たとえば、比較的競合の少ないiPadユーザーだけにアプリを訴求する広告を配信してタブレットユーザーを伸ばす、といった施策が打てます。

 また、アプリ申請時のApple IDで出稿できるので、iOSアプリの開発者には利用しやすいアドネットワークといえるでしょう。

iAdでアプリのインストールを促す

 iAdで広告を配信するためのツールが「iAd Workbench」です。テンプレートからバナー広告を作成し、広告クリエイティブのデザインに悩むことなく、いわゆるDIY型で広告キャンペーンを生成、自社アプリの広告を配信できます。

 以下のような特徴があります。


  • iAd App Networkに参加する世界中のiOSアプリに広告配信できる
  • 広告配信にSDKの設定は不要
  • バナー広告と動画広告を出稿できる
  • 50米ドル(約5800円)から出稿できる
  • 課金形態はCPC(クリック課金)またはCPM(インプレッション課金)、動画広告はCPMのみ
  • クレジットカード決済が基本。月額予算2万ドル以上になると請求書払いも可能
  • バナーのテンプレートが用意されているので、デザイナーへ発注しなくても広告クリエイティブを作成できる
  • クリック単価の上限とインストール単価の目標値を指定することで、目標値を超えないように自動的に最適化される(入札制)
  • 設定をしなくても自動的にセグメント配信する「自動ターゲティング」と、デバイスタイプ、性別などを細かく設定する「手動ターゲティング」がある

 iAdの詳しい仕様は、「iAd Workbench Help(ご利用ガイド)」で確認できます。

iAdのキャンペーン設定

 iAdでキャンペーンを設定する方法を順に紹介します。まず、iAd Workbenchにログイン(https://iadworkbench.apple.com/)し、出稿する自社アプリ、課金タイプ、配信したい国、配信期間を設定します。

 配信ターゲットは、「自動セグメント」と「手動セグメント」を選択できます。自動セグメントを選択すると、配信デバイスや性別、年齢などを指定しなくても、すべてのiOSユーザーからiAdが最適な配信先を自動で判断してくれます。iPhoneとiPadでクリエイティブを変えたい場合や、デバイス、性別、年齢で細かくセグメントする場合は手動セグメントを選択します。

自動セグメントの設定項目

 自動セグメントでは以下の項目を指定できます。

■Choose the ad type(クリエイティブタイプ):

 クリエイティブタイプは、横長の「Banner」と画面いっぱいに表示される「Full page」、一般的なレクタングル(350×250)サイズの「MREC」から選択できます。配信タイプ(3タイプのバナータップ後の表示)はiTunes / Video / Website / Expand adの4つがあります。


  • iTunes:App、Movie、Music、TV、Book、AudiobookのStore内のインストール画面を表示
  • Video:動画広告を表示
  • Website:Webサイトを表示
  • Expand ad:画面いっぱいに広告を表示(別途「iAd Producer」での作成が必要)

■Enter the line budget and bid(予算/単価):

 予算とCPC(クリック単価)、CPM(1000回表示当たりの費用)を設定します。オプションで、予算内での1日あたりの上限CPCやCPM、インストール単価(CPA)の調整が可能です。設定した数値に応じて、想定の広告インプレッション数やタップ数が表示されます。

設定金額に応じて想定インプレッション数、タップ数が表示される

手動セグメントの項目

 手動セグメントでは、自動セグメントで設定する項目に加えて、次のようなセグメントに関連する項目を設定します。

■Device(配信デバイス):

 iPhone、iPod touch、iPadのいずれか、もしくはすべてを選択します。

■Gender(性別):

 男性、女性のいずれか、もしくは両方を選択します。

■Age(年齢):

 20-24、25-34、35-44、45-54、55+のいずれか、もしくは複数を選択します。

■iTunes Store Preferences:

 iTunes Store内のApp、Movie、Music、TV、Book、Audiobookのダウンロード履歴をもとに、出稿するアプリユーザーと趣味趣向が近いオーディエンスを選択します。

 iTunes Storeでは、アプリ以外にも映画や音楽、本などのコンテンツもダウンロードできます。iTunes Store Preferencesでは、これらのコンテンツのカテゴリーを基にセグメント化できます。例えば、マンガアプリをプロモーションする場合、iBooksから電子書籍をダウンロードしたことのあるユーザーに対してアプリを訴求する、といった出稿ができます。以上で配信セグメントの設定は完了です。

アプリをダウンロードしたことがあるカテゴリーを選択しセグメントする画面

■App Channels:

 広告を配信するApp Storeのカテゴリーを選択します。

実際に広告を配信するアプリのカテゴリーを選択する画面

■Scheduling(スケジュール):

 キャンペーンを配信する時間帯と曜日を選択します。

時間帯と曜日の選択画面

iAd Workbenchのテンプレートで広告クリエイティブを作成

 iAdへの出稿は、デザイナーに依頼せず、iAd Workbench上のテンプレートで簡単に広告クリエイティブを作成できるのが大きなメリットです。

 バナークリエイティブは、全25種類のテンプレートから選択できます。テンプレートにはテキストを入れる部分が2箇所あり、文字が入れ替わったりするようなアニメーションバナーも生成できます。文字数によって、文字が小さくなりすぎたり、意図しないところで改行されたりしますので、必ず実機でも確認しましょう。

 以下は「エキサイトニュース」アプリのバナー作成例です。

  1. ①の赤枠で囲ったテンプレート素材から、バナーにあった色合いやアニメーションのデザイン種類を選択
  2. Provide a MessageのTitleにバナーが表示された時の文言を入力
  3. Title表示後アニメーションで切り替わるMessage文言を入力
  4. タップアクション後の広告の表示タイプによって、文言を入力(今回はアプリのバナー訴求ですので、App Storeでダウンロードできると促す)
  5. 入力後プレビューが表示されるので確認

 「iAd Tester」というアプリを利用すると、実機で広告の表示を確認できます。

左がiAd Testerでの表示。タップして確認できる

 実機でのクリエイティブの確認が終われば、配信設定は完了です。

エキサイトで実施したiAdでのインストール数拡大

 最後に、エキサイトで実施したiAdのキャンペーン事例を紹介しましょう。エキサイトでは、注力している「ニュース」アプリのインストール数を拡大する目的で、iAdに出稿しました。iAdが各デベロッパー単位で出稿が可能になった2013年11月に実施したキャンペーンですので、現在とは状況が異なりますが、参考にしてください。

 キャンペーンの実施当時、ニュース系アプリでの業界目標CPAは、良くて200円という相場がありました。そこで、CPAを200円に設定し、どのような結果が出るか、あえてセグエメントをかけずにテストを兼ねて配信しました。

 設定したセグメント情報は以下のとおりです(手動セグメントで設定したが、すべてを選択しているので自動セグメントでも可)。


  • Device:ALL
  • Gender:ALL
  • Age:ALL
  • iTunes Store Preferences:ALL
  • App Channels:ALL
  • Scheduling:ALL
  • Banner Type:Banner
  • Budget / bid:$20,000/月(iPhone & iPod touch=$10,000 / iPad=$10,000、CPC=$0.3、CPA=$2.00)

 以下がキャンペーンの結果です。セグメント配信はしていませんので、全体の結果になります。

 目標CPAの200円($2.00)を大きく下回り、獲得件数も1万ダウンロード以上とかなり良い結果になりました。

 もちろん、アプリによっては、CPAが目標を上回ることもあるでしょう。その場合は、年齢などのセグメントを調整したり、クリエイティブを調整したりして、複数のキャンペーンを実施し、効果の高いキャンペーンに予算を投下するなどの戦術を練っていく必要があります。

 iAdは他の広告配信プラットフォームと比べると、まだまだ出稿クライアントが少ない媒体です。テスト的な意味合いで出稿してから効果を検証し、効果が見合えば大量投下していくと、より良い結果が出るでしょう。

 iAdもFacebook広告同様、クリエイティブの検証やセグメントの効果検証を常に実施し改善します。ユーザーは同じクリエイティブが同じ位置が表示されると、すぐに慣れてしまいます。一時的に効果が良くても、定期的に効果を検証し、改善していきましょう。

 次回は、グーグルの広告配信プラットフォーム「Google AdWords」について紹介していきます。

著者(第3回〜):池村 修

著者写真

1981年沖縄生まれ沖縄育ち(サトウキビとシーサーはだいたい友達)。2005年、エキサイト株式会社入社。音楽サービス「エキサイトミュージック」のプロデューサーとして、音楽業界にも携わる。2012年、スマートフォン事業に異動。以降、「エキサイトニュース」「おとえほん」「寝たまんまヨガ」等のアプリを担当。世界中のユーザの生活を楽しくするアプリサービスの提供を目指して、チームメンバーと日々邁進中。趣味はサーフィン。


著者(第1〜2回):岡田英之

著者写真

1979年フランス生まれ。2001年、伊藤忠商事株式会社入社。百貨店ウェブサイト運営やオーディオブック事業の立ち上げなどに関わる。2008年、エキサイト株式会社に出向。2009年2月に一つめのiPhoneアプリをリリース。以降同社にてスマートフォン・タブレット関連事業を推進。関わったアプリは100以上、累計ダウンロード数は1,000万を突破。代表的なアプリは「エキサイトニュース」、「エキサイト英語翻訳」、「週刊Dモーニング」など。世界中のユーザーの生活を楽しくするウェブサービスの提供を目指して日々奮闘中。

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング