このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内での直販価格は2万7864円。

話題のHP“200ドルPC”、約220ドルで国内登場——Stream 11

2014年12月17日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「200ドルPC」として注目を集めたStreamシリーズに新作!

 日本ヒューレット・パッカードは12月17日、Streamシリーズの新製品 11型ノートPCStream 11-d000を発表した。米国では2014年9月に発表済みで、199.9ドルという安価さから「200ドルPC」「199ドルPC」などとして話題になった。国内での直販価格は税別で2万5800円、つまり約220ドルとなる(税込2万7864円)。

「HP Stream」ブランドとは?

 Streamは「クラウド世代の新スタイルPC」としてヒューレット・パッカードが展開するブランド。外出先などでクラウドサービスを利用するスタイルを開発の前提とし、ストレージ容量やプロセッサー、メモリーといったハードウェアは“必要十分”にとどめ、デザインや携行時の丈夫さなど、現代のPCライフに適合する仕様にしているのがブランドの大きな特徴。ハードウェア以外にも、OSにWindows 8.1 with Bingを採用することで価格も安価に抑えている。

鮮やかなブルーが印象的な11型ノート

天面、底面ともに鮮やかなブルー

 今回発表のHP Stream 11-d000もStreamブランドのコンセプトをふまえ、11.6型(1366×768ドット)ディスプレー、Celeron N2840(2.16GHz)、2GBのDDR3Lメモリー、OSにWindows 8.1 with Bingといった仕様。ただし、ストレージにeMMC(32GB)を採用することで起動速度を高めたり、ファンレス設計などにより消費電力をおさえ、公称で約8時間15分と長時間駆動を実現。「安かろう悪かろうにならないように(製品担当者)」仕上げている。

パームレストのみアルミ素材。ブルーのグラデーションは、よく見るとドットのパターンになっている

 カラーはホライズンブルーの1色。パームレストはアルミ素材を使用し、ドット模様のグラデーションを採用した。シルバーを基調としていた同シリーズ製品「HP Stream 14-z000」に比べて、全体的に鮮やかで目を引くデザインとなっている。ストレージ容量が少ない代わりに、マイクロソフトのオンラインストレージサービス「OneDrive」の100GBプランが2年間無料で利用できるのも大きな特徴だ。

前へ 1 2 次へ