このページの本文へ

全国20万ヵ所以上のWi-Fiスポットに無償接続可能!

外国人観光客をWi-Fiでサポート! 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクト始動

2014年12月11日 18時03分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
訪日外国人観光客向けビジネスの加速化を目指し、公衆Wi-Fiインフラをフル活用したプロジェクトが始動!

日本にやってきた外国人観光客を
公衆Wi-Fiインフラを使ってサポートする

 ワイヤ・アンド・ワイヤレスと、訪日外国人観光客をターゲットとしたビジネス活性化を目指す法人および自治体(全17団体)は、12月11日に「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトを発足すると発表した。

 それにあわせ、同社が提供する全国20万ヵ所以上のWi-Fiスポットへの無償接続機能と、国内の観光情報、施設情報の配信機能を実装した、訪日外国人向けスマートフォンアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を提供することも発表。12月12日よりGoogle PlayおよびApp Storeにて順次配信を開始する。

サービスブランドロゴは、日本の象徴・富士山をあしらったデザインだ

 TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトとは、増加する訪日外国人観光客を対象としたビジネスの領域をより一層活性化すべく発足されたプロジェクト。訪日外国人観光客向けに、旅行中のインターネット環境を整えることを中心としたサービスを提供する。

 具体的には、TRAVEL JAPAN Wi-Fiアプリをダウンロードし、利用規約に同意することで、「Wi2 ベーシックエリア」に無償で接続できる。また、一部参画法人・自治体より配布されるプレミアムコードをアプリに登録することにより、「Wi2 オプションエリア」へも無償接続が可能。全国20万ヵ所以上のWi-Fiスポットを自由に利用できるようになる。

 また、参画法人・自治体より提供される情報を中心に、日本での滞在をサポートする様々な情報を、アプリを通じて配信するサービスも実施される。

 さらに、アプリをダウンロードする際、個人情報保護法の規定に従い情報の利用目的に同意してもらった上で、利用者属性や行動経路などの情報取得を行なう。情報の分析をマーケティング情報として活用することにより、各分野での訪日外国人観光客に向けたサービスの向上に活かすのがねらいだ。

TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトのビジネス展開イメージ

 なお、本プロジェクトは2015年6月末日までをトライアル期間として、その間における効果、利用状況などを検証。順次情報展開を行ったのちに、2015年7月より本格商用展開を目指すとのこと。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン