このページの本文へ

立ち止まることなしに本人確認が可能

日立、ウォークスルー指静脈認証技術を開発

2014年12月08日 17時36分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 ウォークスルー型指静脈認証技術 

 日立製作所は12月8日、歩きながら指をかざすだけで本人認証が可能なウォークスルー型セキュリティゲートへ適用できる指静脈認証技術を開発したと発表した。

 同社ではすでに指静脈のパターンによる認証技術を開発・製品展開を行っているが、決められた位置に置かれた指の静脈パターンを検出するため、認証時には立ち止まる必要があった。新たに開発した技術は検出範囲を手全体が収まる空間範囲に拡張し、手の指をかざせば瞬時に指の位置や方向に合わせて静脈観察用の光を照射して静脈パターンを撮影。向きや位置を気にすることなく歩きながらかざすだけでも認証ができるという。また、各指の静脈パターンを組み合わせることで、1本の指だけよりも高い認証が可能という。

 同社では、従来にない高い利便性を提供するセキュリティ技術として、入場時に混雑しがちなイベント会場やスポーツ競技場、空港の入国管理といったさまざまなセキュリティゲートに向けて事業を拡大するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART