このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第17回

Windows 8.1のタスクバーでマウスオーバープレビューを非表示に!

2014年12月02日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 Windowsの象徴ともいえる画面下部のタスクバーは、バージョンアップを重ねるにつれて少しずつ進化してきた。

 デスクトップ利用時において、タスクバーはウィンドウ切り替えなど操作の要となる。タスクバーの使い勝手がWindowsの快適さに大きな影響を与えるといっていいだろう。

 Windows 8.1のタスクバーは、おおきく2種類のエリアに分けられる。起動したアプリや、ランチャーとしても利用できる、左側のタスク領域。

 そして、システム状態などを表示する、右側の通知領域だ。通知領域には初期状態では時計やスピーカーなど、必要最低限の項目のみが表示されている。用途によって不要なものがあれば非表示にしたり、逆に隠れているアイコンを常時表示させておくようにもできる。

「タスクバー」にある[▲]アイコンをクリック [カスタマイズ]をクリックする
「タスクバー」にある[▲]アイコンをクリック[カスタマイズ]をクリックする
[システム アイコンのオン/オフ]をクリック
[システム アイコンのオン/オフ]をクリック
システムアイコンを非表示にしたいものを「オフ」に設定し、[OK]をクリックする
システムアイコンを非表示にしたいものを「オフ」に設定し、[OK]をクリックする

 また、Windows 8以降では、通知領域の左にタッチキーボードを有効にするためのアイコンが表示されるようになった。ノートPCやデスクトップPCなどを利用していて、タッチキーボードのアイコンがジャマに感じるときは非表示にするといい。

 また、ここにはメディアプレーヤーやiTunesの再生コントロールができるツールバーや、IEのアドレスバーを配置することも可能。用途に応じてカスタマイズするといいだろう。

タスクバーの何もないところで右クリック。[ツールバー]→[タッチキーボード]のチェックをオフにするとタッチキーボードのアイコンを非表示にできる
タスクバーの何もないところで右クリック。[ツールバー]→[タッチキーボード]のチェックをオフにするとタッチキーボードのアイコンを非表示にできる

(次ページに続く、「ウィンドウごとにタスクバーアイコンが表示されるようにする」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART