このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第383回

可愛すぎてズルい!? 夏と冬に撮った子猫写真

2014年11月28日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
田舎の稲荷神社境内で見つけたハチワレの子猫。ひときわ小さくて、ひときわちょこまかと動き回ってたのでついレンズで追ってしまうのだ。蚊に食われながらタイミングを待って撮った1枚(2014年8月 ニコン D600)
田舎の稲荷神社境内で見つけたハチワレの子猫。ひときわ小さくて、ひときわちょこまかと動き回ってたのでついレンズで追ってしまうのだ。蚊に食われながらタイミングを待って撮った1枚(2014年8月 ニコン D600)

 子猫はもうその存在自体がずるいのである。軽くて小さくてフワフワしててフニフニしててヨタヨヤしててちょこまかしててあぶなっかしいのである。

 ずるすぎてたまらんですな。

 あまりにずるいのでケナゲに頑張ってる子猫……というか若年猫の写真を集めてみた。

 先日、たまたま近所で猫を見かけたのだ。

 思わずちょっと離れたところに自転車を止めてそーっと近づくと、駐車場の隅の日が当たるところで気持ちよさそうに目を閉じてる。日なたが恋しい季節なのである。

門の前で目を細めてひなたぼっこしてたチャトラ猫。背中がぬくぬく。その後ろに耳だけがぴょこんと見えてるのに注目。背中に隠れてる猫がいたのだ(2014年11月 オリンパス OM-D E-M1)
門の前で目を細めてひなたぼっこしてたチャトラ猫。背中がぬくぬく。その後ろに耳だけがぴょこんと見えてるのに注目。背中に隠れてる猫がいたのだ(2014年11月 オリンパス OM-D E-M1)

 猫がいる門の奥は下りの階段になっており、一段低いところにお庭がある。日差しでぬくぬくしながら、いざというときは逃げられるという絶好の位置である。

 さすが猫。その一段下がったところにもう1匹いるのを発見。しかもちょっと小さい。

 上の写真だと耳だけが見えてるのがわかるかと思う。

 猫を刺激しないよう、そーっと横から回ってみると、階段にちょこんと座ってる猫発見。あまり小さくはないけれども、まぎれもなく子猫である。赤ちゃんではなく、もう小学生くらいか。

 親とそっくりの模様で、そっと様子を伺ってる。

 手前のフェンスが邪魔だったけど、近づくと逃げられてしまうので(そういう、すぐにでも逃げますよオーラが出てたのだ)、離れたまま撮影。

 だがしかし、普通に撮ると確実に「手前のフェンスにピントが合っちゃう」。そういうときはマニュアルフォーカス(MF)にして奥の猫に合わせること。ミラーレス一眼やハイエンドコンパクトはMF時に拡大表示をしてピシッと合わせられるので、けっこう便利なのだ。

フェンス越しにちょこんと座ってた。こういうときでもつい日なたに座っちゃうのが秋冬の良さですな。ここで日陰に隠れられると猫をどういう明るさで撮るかがすごく難しいのだ(2014年11月 オリンパス OM-D E-M1)
フェンス越しにちょこんと座ってた。こういうときでもつい日なたに座っちゃうのが秋冬の良さですな。ここで日陰に隠れられると猫をどういう明るさで撮るかがすごく難しいのだ(2014年11月 オリンパス OM-D E-M1)

(次ページに続く、「子猫は怖がりなので、遠くからそっと撮影」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART