このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第53回

古いiPhoneをネットワークカメラ化できる「あんしん監視カメラ」を徹底解説

2014年11月26日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 留守中に自宅のペットがどうしているのか気になるなら、ネットワークアクセスできる監視カメラが欲しいところ。とはいえ、意外といい値段になるので躊躇してしまう。そんな時は、無料アプリで使わなくなったiPhoneを監視カメラにしてしまおう。今回は、「あんしん監視カメラ」の使い方を紹介する。

外出先から自宅の様子が手に取るようにわかる!

無料アプリでクラウド経由の監視カメラを利用できる

 「あんしん監視カメラ」はiPhoneを監視カメラにするカメラアプリ。撮影したデータを自動でクラウドにアップロードし、ユーザーはブラウザーから撮影データを閲覧できる。アプリごとに生成されたアカウントを利用するので、最低限のセキュリティーは保たれている。直接カメラに接続するわけではないので、ネットワークの難しい設定は不要。外出先から、家庭のWi-Fiルーターに接続したiPhoneで撮影したデータにアクセスできる。

 まずは、カメラにするiPhoneにアプリをインストール。iOS 4.3以降で動作するので、機種変更で使わなくなったiPhoneでいい。ネットワーク接続は必要なので、Wi-Fiに接続しておこう。また、ACアダプターにもつないでおくこと。iPadでも動作するが、iPhoneアプリのみなので、2倍表示にして利用しよう。また、当たり前だがカメラが必要なので、初代iPadでは利用できない。

あんしん監視カメラ - すぐに使える無料の防犯カメラアプリ App
価格無料 作者Masao Itou
バージョン1.0 ファイル容量908 KB
カテゴリーユーティリティ 評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降
アプリを起動するとカメラへのアクセスを求められるチュートリアルをチェックしたら「閉じる」をタップする
映像が表示されるが、まずは歯車のアイコンをタップするアカウント情報をメモし、URLをタップする
URLをメールなどで、自分宛てに送信する
Wi-Fiに接続済みのiPhoneを設置する。iPhone 4やiPhone 5はぎりぎり自立するが、何かに固定した方が安心だ。画面は横置きにする
録画ボタンをタップすると、ボタンが赤くなる。撮影側の端末には日時や周囲の音、被写体の動きなどが表示されるしばらくすると画面表示が消えて消費電力を抑えてくれる。画面をタップすると、元の画面に戻る

次ページでは、「監視をスタートすると5秒ごとに写真がアップロード!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART