このページの本文へ

Google GoがGitHubを新しい住処に

2014年11月21日 11時00分更新

Lauren Orsini via ReadWrite

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトのすぐ後に続いて

MTIyMjkzMDQyMDE4MjgyNzc3

グーグルで開発されたプログラミング言語Goが、GitHubに移動した。

Goは、グーグルの複数製品に使用されているC言語をその大まかな基礎としているが、先週木曜まではGitHubのライバルであるMercurialをホストとしていた。グーグルのエンジニアで主任デザイナー、かつGoの投稿者でもあるロブ・パイクは、その決断をGoのメッセージ板で説明した。

「Mercurialも素晴らしかったが、お別れする時が来ました」パイクはさらに続ける。「世界は大きく変わってしまったのです。GoコミュニティのほとんどのメンバーがGitを使い、GitHubをその成果のホストにしているので、我々も参加するべきなのです」。

Goは既にGitHubがホストとなっているグーグルのDart言語などと同じ道を辿ることになる。これは今週始めにマイクロソフトが下した、自社のプログラミング・フレームワークである「.NET」をオープンソース化し、GitHubをそのホストとする決断に続くものとなる。

GitHubはバージョンコントロール・ソフトであるGitをベースとするリポジトリ・ホスティングサービスで、今やTwitterのような企業やRuby On Railsのようなオープンソース・プロジェクトなどからの1,700万件を超えるリポジトリのホストとなっている。Ycombinatorのコメントは、GitHubこそが今日の勝者だとしている。

関連記事:JavaScriptがGitHubの主流であることが明らかに

「グーグルがGoをGitHubにホストしました。マイクロソフトも.NETをGitHubにホストしています。こういった有力企業からこうも絶対的に支持を受けるというのは達成感もひとしおでしょう」。

Lauren Orsini
[原文]


※本記事はReadWrite Japanからの転載です。転載元はこちら


カテゴリートップへ

ピックアップ