このページの本文へ

いまや5人に1人がスマホを紛失している事実

2014年11月18日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ紛失経験者の44%が
データ回収に5万円払ってもいいと解答

 モバイルセキュリティーアプリを開発するLookoutは今日18日、日本のスマートフォン保有者1000人を対象とした調査結果「日本のスマートフォン紛失にまつわる事情」を発表した。

 同社の調査によるとスマホ紛失件数は年々増加傾向であり、年齢層と雇用状況で大きな違いが見られたとのこと。18~24歳までの若年層が紛失率全体の45%と一番高く、そのうち15%は年に3~5回という高頻度で紛失している。

 反対に45~49歳の回答者の紛失率は12%、頻度は年に2回以内だったという。

 また、スマートフォンを紛失したことがあると答えた人の45%が、公共の場所にスマートフォンを置いて、ついうっかり置き忘れたという。スマホ紛失の典型的なパターンのようだ。

電車やバスなどでポケットの中からいつの間にか飛び出てしまい紛失、という場合が多い

 日本のスマホ普及率にも関係するかと思うが、世界的に見ると日本人のスマートフォン紛失件数は、他の先進国よりも低くとどまっている。日本のスマホ紛失比率は5人に1人以上の23%だが、一方イギリスは35%、アメリカは30%、ドイツは29%という結果が出ている。

なぜか沖縄のスマホ紛失率がトップ

 スマホはもはや個人情報の塊であり、プライベートな写真や電子メール、銀行や金融に関する情報まで、機密性の高いものばかり。できるだけ紛失は避けたいが、もしデータが回収できるのであれば、5万円くらいまでなら払ってもいいとスマホ紛失経験者の44%が答えている。

スマホの紛失が起きやすい時間帯はお昼から夕方

 このようなスマホ紛失を防ぐため、同社は端末セキュリティ-アプリ「Lookout」をAndroidとiOSに提供しているが、auスマートフォンに限り、KDDIお客さまサポートセンターのオペレーターが、紛失したスマートフォンの位置検索、遠隔ロックやワイプを、ユーザーにに代わって行なえるサービスを展開している。

 スマホの紛失は自分だけでなく、友人や会社にも迷惑が及ぶ場合がある。転ばぬ先の杖はしっかりと用意しておきたい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン