このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

iPhoneデビューしたら入れておくべきアプリ30選第2回

iPhone 6がさらに圧倒的に便利になるツール10本

2014年11月13日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

顔文字が超豊富で地味に使いやすいキーボード
みんなの顔文字キーボード

みんなの顔文字キーボード App
価格無料 作者Mitsuaki Ishimoto
バージョン0.5.0 ファイル容量47.2 MB
カテゴリーユーティリティ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降

 顔文字に特化したキーボード。本記事公開時点で100万種類以上の顔文字があるとのこと。キーボードはテンキー、フルキーボード、Godan改の3つがあり、それぞれスキンの変更と画像を背景に設定できる。本アプリはオープンソースのGoogle日本語入力「mozc」を採用しており、変換自体はかなりお利口。各キーボードには左右の矢印キーがあるなど、顔文字特化だけに終わっていない点にも好感が持てる。無料なのはうれしいのだが、顔文字変換時に広告が表示され、誤タップ率が高いのが難点。

テンキー画面。顔文字だけで終わっていないキーボードだったりする顔文字を選んだところ。候補のフォントサイズはかなり小さめ
フルキーボード。左右の矢印キーがとてもGoodキーボードの背景の変更は、これまでAndroidでのお約束だったが、本アプリであればスクリーンショットのように楽しめる

キーボードをなぞって入力できる
Swype

Swype App
価格無料 作者Nuance Communications
バージョン1.1 ファイル容量22.2 MB
カテゴリーユーティリティ 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降

 通常のキーボードとしても使えるほか、ドラッグで入力したい文字列をなぞっていくと入力できるのが特徴。日本語には非対応だが、英語キーボードとしてはレイアウトはごくごく普通で、純正の代替として問題はない。なぞっての入力は精度が高く、書籍を見ながら英単語を入力するシーンなどスムーズに行なえるだろう。なお、テンキー時はなぞっての入力は行なえない。

フルキーボードがデフォルトになっているなぞるとオレンジの線が表示される。これがなぞった軌跡を示すが、それはあまり気にしないで、順次なぞっていくといい
テンキーは、そのままといった感じ設定はキーホードからアクセス可能。テーマの変更にも対応しているほか、単語登録にも対応

【次回予告】大画面だからこそ遊びたいゲーム

 アプリ特集の最終回はゲーム。大画面になって、ポータブルゲーム機と遜色なくなってきたiPhone。CPUのスペックアップもあり、美麗なグラフィックのゲームもグリグリ動くように。そんなわけで、寒い冬を熱く乗り切れそうなゲーム10本を紹介する。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中