このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

4K60p対応、洗練された画像処理で地デジも4Kに迫る美しさ

AQUOS XL20は、8年後を見据えて作られた

2014年11月17日 11時00分更新

文● 折原一也、編集部、写真●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本の薄型テレビでトップシェアを走るシャープの液晶テレビAQUOS──画質を重視した、その高精細モデルのラインナップは、最上位シリーズで70/60/52インチを展開する4KモデルのUD20ライン、60/52インチを展開するUS20ライン、50/40インチを展開するUSラインなどがある。

AQUOS XL20を折原一也氏が評価。売れ筋の46型クラスでも確固とした4Kの魅力を感じ取れる点もポイントとなるだろう。

 これらに続いて登場したのが、シャープ独自技術を採用し、フルハイビジョンパネルで4K相当の高精細を表示する「XL20ライン」である。60/52/46インチの3サイズ展開で11月10日に販売を開始した。

AQUOSクアトロン プロは他社が真似できない“オンリーワン”技術

 AQUOS XL20ラインの最大の特徴は「超解像 分割駆動エンジン」の存在だ。赤・緑・青に加えて黄のカラーフィルターを加えた4原色パネル(クアトロンパネル)を利用し、フルハイビジョンテレビ用に開発したパネルながら、4K相当の高画質を実現できる。

AQUOS XL20は、60/52/46インチの3サイズ展開。46型クラスでも4Kの魅力を存分に楽しめる高画質にも注目。

 同社が以前から“AQUOSクアトロン プロ”の名前で展開しているもので、1画素を4つのサブピクセルで表現する“クアトロン”の特性を利用し、フルハイビジョンパネルでありながら、情報量は4K相当という独自の位置づけとなる。もちろんシャープが自社で開発している「4原色液晶・AQUOSクアトロン」のパネルに起因している以上、他社が追随できるものではない。

 プレミアム2Kテレビのなかでもオンリーワンの存在と言えるだろう。

AQUOSクアトロン プロ XL20シリーズの特徴

  1. 4K/60p対応! 4K放送対応のHDMI端子を1系統追加
  2. “THX認証”(2K表示時)を獲得
  3. DCIに迫る高い色再現、色空間は4K機より一部広い
  4. フルHDソースを4K相当として、より美しく見せる信号処理

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART