このページの本文へ

archisite「FC660C/EG」、「FC660C/EW」

東プレ製スイッチを採用したコンパクトキーボードのサンプルが入荷

2014年11月07日 23時44分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マニアに人気の東プレ製静電容量無接点方式のスイッチを採用したキーボード「LEOPOLD FC660C」シリーズがアーキサイトから登場。サンプル版がツクモパソコン本店で展示中だ。

マニアに人気の東プレ製静電容量無接点方式のスイッチを採用したキーボード「LEOPOLD FC660C」シリーズ。予価は2万5500円前後で来週13日頃の発売が予定されている

 「LEOPOLD FC660C」シリーズは、東プレ製静電容量無接点方式のスイッチを採用したハイエンドキーボード。サイズ328(W)×111(D)×25~40(H)mm、重量約700gのコンパクトな製品で、キーピッチ19mmを保ちつつ、一般的なテンキーレスタイプのキーボードに比べ、占有面積を約30%削減したという。

キーピッチ19mm。配列は英語配列で66キー、キー荷重は45±15g仕様。印字方式は、対磨耗性に優れた昇華印刷となる

 配列は英語配列で66キー、キー荷重は45±15g仕様。印字方式は、対磨耗性に優れた昇華印刷となるほか、本体背面には、キーアサインの変更やWindowsキー無効化が可能なDIPスイッチを備えている。ラインナップはブラック「FC660C/EG」とホワイト「FC660C/EW」の2モデル。
 予価は2万5500円前後で来週13日頃の発売が予定されている。

ラインナップはブラック「FC660C/EG」とホワイト「FC660C/EW」の2モデルだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中