このページの本文へ

ついに対応! iPhoneのSafariでパソコン版サイトの表示に切り替えるテク

2014年11月02日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンのウェブブラウザーでは、多くの場合でモバイル用に最適化されたページが表示される仕組みになっている。しかし、モバイル版のページでは一部機能が制限されていたり、パソコン版のページの方が見慣れていて、そちらを見たいというケースもある。

ASCII.jpのモバイル表示(左)、パソコン表示(右)を比較。パソコンからよくアクセスする人はパソコン版の方が見やすい?

 これまでiOS版Safariの標準機能では、パソコン版のページに表示を切り替える設定は用意されていなかった。そこで表示切替機能がある「Chrome」など、他のブラウザーを使っていた人もいただろう。しかしiOS 8からは、簡単にモバイル版表示とパソコン版表示を切り替えられるようになった。

 まずはSafariで適当なサイトを開き、画面上部のアドレスバーをタップ。画面を下方向にスワイプすると、「デスクトップ用サイトを表示」という項目が出てくるので、これをタップするだけでOKだ。

デスクトップ表示したいページを開く→アドレスバーをタップ→下にスワイプ。一部サイトでは切り替えができない場合もあるので注意

 しかし残念ながら、サイトをモバイル表示に戻す項目がない。再びモバイル表示にしたい場合は、いったんSafariを終了させるか、タブを閉じ、再度同じページにアクセスする。また一定時間放置していても元に戻る仕様のようだ。

タブを閉じて再度アクセスするよりは、Safariごと終了させて再起動した方がやや楽か。状況に応じて使い分けたい

 ちなみに、「デスクトップ用サイトを表示」の上にある「お気に入りに追加」を選択すれば、新しいタブを開くとアイコンで表示されるお気に入り項目に追加される。

 アイコンは長押しすれば削除や編集ができるので、「デスクトップ用サイトを表示」と同じ要領で気になるページをどんどん追加し、見終わったらアイコンを長押しして削除していくという使い方もできる。iOS 8から加わった、お気に入り下の「よく閲覧するサイト」も長押しすれば削除できるので、不要なアイコンは削除しよう。

iOS 8の2大余計なお世話的機能の1つ、「よく閲覧するサイト」(もう1つはマルチタスク画面の「よく使う項目」「履歴」だ)。実は長押しで簡単に消すことができる

 以前紹介した「iPhoneの「Safari」でページ内検索するテク」といい今回のテクといい、Safariには普段使っているだけでは気づきにくい場所に便利機能が隠されている。超簡単な方法のうえ、人によっては頻繁に使うものなので、ぜひ覚えておきたいTipsだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください