このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新GeForce GTX 970と“Haswell-Refresh”最上位を搭載

GTX 970で最新ゲームが快適な小型PCなら「PASSANT Cx5500-i7-TM」

2014年10月24日 11時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCゲームは、それこそPCが誕生したときからあるのだが、PCの進化にあわせてゲームソフトも年々進化を続けており、実写と見間違えるほどの美麗で高精細なグラフィックスを誇るゲームや高度なAI技術を搭載したゲームなどが続々登場している。そうした最新ゲームは、CPUやGPUへの負荷が高いため、高解像度環境で快適にプレーするには、高性能CPUと高性能GPUを搭載した、いわゆるゲーミングPCが必要になる。

 ゲーミングPCも各社から登場しているが、拡張性や冷却性能を重視してミドルタワーケースを採用した製品が多く、場所を取ることが欠点である。それに対し、NUCなどの超小型PCは、省スペース性は高いが、最新ゲームを遊ぶには力不足だ。そこで登場するのがキューブPC。

 「パソコン工房」のショップブランドPC「PASSANT Cx5500-i7-TM」は、最新の高性能CPUと高性能GPUを搭載しながら、コンパクトなキューブ型ケースを採用したゲーミングPCであり、ハイスペックなPCが欲しいが、場所をとるのは嫌だという、欲張りな人にお勧めの製品だ。

キューブ型ゲーミングPC「PASSANT Cx5500-i7-TM」

キューブ型ながら拡張性と冷却性能に優れたクーラーマスター製ケースを採用

 パソコン工房は、ユニットコムが運営するパソコンショップであり、高性能かつ信頼性の高いショップブランドPCで有名である。「PASSANT Cx5500-i7-TM」は、クーラーマスターのキューブ型Mini ITXケース「Elite 130 Cube」を採用した、コンパクトなゲーミングPCであり、高性能と省スペース性を両立させていることが魅力だ。

 Elite 130 Cubeは、キューブ型ながら、長さ343mmまでの2スロットタイプのグラフィックカードや長さ180mmまでのハイエンド電源ユニットを搭載できるように設計されており、こうした用途には最適だ。

PASSANT Cx5500-i7-TMの前面。フロントパネルの大部分がメッシュになっており、十分なエアフローを実現する

 フロントパネルの大部分がメッシュになっており、前面には120mmの大型ファンを搭載。さらに、右側面には80mmファンを搭載しており、十分なエアフローを実現する。

PASSANT Cx5500-i7-TMの左側面。グラフィックスカードがこちら側にある右側面。メッシュの右下部分にうっすら見えるが、こちら側に80mmファンが用意されている

 サイドパネルは、手回し式のローレットスクリューで固定されており、ドライバーなどの工具を使わずに外せる。5インチベイを1基備えているが、他のデバイスと干渉するため光学ドライブを搭載することはできない。2.5インチシャドウベイは3基用意されており、基本構成で2つが空いている。電源ユニットの容量は700Wと余裕があり、80PLUS BRONZE認証取得済みで、変換効率も高い。

サイドパネルを外した状態の上面。5インチベイが上部にあるが、他デバイスと物理干渉するため利用できない。その下には2.5インチベイがある

 Elite 130 Cubeは、クーラーマスターらしい高品質なケースであり、PASSANT Cx5500-i7-TMの魅力の一つといえる。

PASSANT Cx5500-i7-TMのサイドパネルを外した状態の左側面。「GeForce GTX 970」のグラフィックスカードが搭載されているサイドパネルを外した状態の右側面。電源ユニットは700Wの大容量で、80PLUS BRONZE認定取得済みだ。電源の下には80mmファンが用意されている

(次ページ、「最新のCore i7とGeForce GTX 970を搭載」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ