このページの本文へ

アップル、モバイル決済「Apple Pay」を20日から運用開始

2014年10月17日 09時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、モバイル決済「Apple Pay」の運用を米国にて2014年10月20日(米国時間)から開始すると発表した。

 Apple Payは、iPhone 6/iPhone 6 PlusなどiOS 8.1デバイスが搭載するTouch IDを利用して、店舗やアプリケーション内で支払い手続きを行えるようにする仕組み。iPad Air 2/iPad mini 3の場合、アプリケーション内での購入において、Touch IDで認証することでApple Payが使えるようになる。またApple Watchは発売とともに利用可能となる予定。

 またアップルは、ユーザーの取引情報に関連して以下の特徴を挙げている。

  • Apple Payが利用者に紐付けできるような取引情報を収集することは一切ない
  • 支払い取引は利用者、小売店、利用者の銀行の間にのみ存在すること
  • アップルがユーザーの購入履歴を集めることはない。ユーザーが商業施設やレストランで買い物や食事をしても、何をどこで買っていくら支払ったかなどの情報をアップルが知ることはない
  • カード番号がiOSデバイスに保管されることはない。その代わり、固有のデバイスアカウント番号が割り当てられ暗号化され、そのiOSデバイスに搭載されているSecure Elementに保管される
  • Secure Elementに保管されたデバイスアカウント番号はiOSからはアクセスできない場所に隔離されており、iCloudにバックアップされることはない


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中