このページの本文へ

世界初、Bluetooth LEを用いた近距離コミニュケーション

ネット接続なしに近距離でメッセージを伝え合う「Air Talk」

2014年10月10日 16時19分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AitTalk 

 写真共有サイト「フォト蔵」を運営するOFF Lineは10月9日、Bluetooth Low Energyを用いた近距離コミュニケーションスマホアプリ「Air Talk」をリリースした。

 Bluetooth Low Energyと同社のAir Beacon技術を活用し、半径100m以内のスマホ(iPhone)とメッセージを交換できる。アップルのiBeacon技術を用いた同種のアプリに比べ、より広いエリアや10倍近い速度の通信ができるという。

 メッセージの送受信のほか、他端末との距離表示、メッセージを発信するとともにTwitterにも配信、受信範囲の端末すべてにメッセージ送信することでSOSの発信や広告の配信が可能。AirBeaconのIDを5分に1回自動変更、メッセージの暗号化などセキュリティも高く、なりすましIDを防ぐことができる。対応機種はiOS 7搭載のiPhone/iPad。Android版も開発中という。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中