このページの本文へ

サムスンの最新ファブレット「GALAXY Note 4」がアキバに!

2014年10月09日 13時54分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手書き入力に対応したサムスン電子の元祖“ファブレット”最新版「GALAXY Note 4」がアキバ店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて販売がはじまっている。

進化した最新版「GALAXY Note」が早くも店頭に登場。入荷したのはホワイトモデルのみで、在庫はごく少量だ

 大画面による手書き入力の快適さを追求した、「GALAXY Note」シリーズ最新モデルの海外版。画面サイズこそ「GALAXY Note 3」と同じ5.7型ながら、解像度を2560×1440ドットへと高精細化した有機ELディスプレー「Premium Screen」(Quad HD Super AMOLED Display)を搭載。画面分割機能やアプリのポップアップ表示など、大画面ならではの機能も備えている。

 また、内蔵するスタイラスペン「Sペン」による手書き入力も健在。従来通り2048段階筆圧感知による手書きメモや、スクラップ機能などを利用できる。

サイズは5.7型で、「GALAXY Note 3」とほぼ同じ。やや縦長になっている
ボトムにスタイラス「Sペン」を搭載するのは従来通り。2048段階の筆圧感知に対応している

 搭載OSはAndroid 4.4。主なスペックは、プロセッサがクアッド1.9GHz+クアッド1.3GHzのオクタコア(8コア)、メモリー3GB、ストレージ32GB(外部ストレージはmicroSDXC 64GB)を実装する。カメラはF1.9の370万画素フロントカメラに高速AF対応の1600万画素リアカメラを搭載。そのほか、GPSや指紋認証、気圧計などの各種センサーを備え、ネットワークはBluetooth 4.1、NFC、無線LANをサポートしている。

 なお、バッテリー容量は3220mAhで、高速充電機能に対応。通常55分かかる50%充電を30分で完了できるという。

 イオシス アキバ中央通店にて9万9800円で販売中だ。

エッジ部分がカッコイイ金属製フレームを採用し、高級感もアップ。インターフェイスはMHL対応のmicroUSB、イヤホンジャック、microSDスロット(カバー内部)などを備えている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART