このページの本文へ

コンパクトなのに有線LAN、HDMI、RGB端子などインターフェースが充実

1.6mm薄く! 11.6型タッチノート「dynabook N51」2014秋冬モデル

2014年10月14日 16時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook N51/NG」。カラーはサテンゴールドのみ

 東芝は10月14日、タッチ対応11.6型ノート「dynabook N51」の2014年冬モデル「dynabook N51/NG」を発表した。

 dynabook N51/NGでは、本体をさらにコンパクトなデザインに変更した。サイズは幅289×奥行199×高さ21.9mmで、従来よりも約1.6mm薄くなった。重量は約200g軽くなり、約1.3kgとなっている。

 CPUがCeleron N2840(2.16GHz/最大2.58GHz)で、メモリーは4GB、ストレージは500GB HDDを搭載する。Celeron N2830搭載の従来モデルからCPUを強化している。

 ディスプレーはタッチ対応の11.6型で、解像度は1366×768ドット。バッテリー駆動時間は約4.6時間(JEITA 2.0)。OSはWindows 8.1 Update(64ビット)で、「Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」をプリインストールする。

本体左側面。アナログRGB端子、HDMI出力端子、USB 3.0端子、SDカードスロットを搭載する
本体右側面。マイク/ヘッドホン端子、USB 2.0端子、有線LAN端子を搭載する

 予想実売価格は9万円前後。11月中旬より販売を開始する。

「dynabook N51/NG」の主なスペック
カラーサテンゴールド
ディスプレータッチ対応11.6型HD(1366×768ドット)LED液晶
CPUCeleron N2840
メモリー4GB
ストレージ500GB HDD
通信規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×1、USB 2.0端子×1、HDMI出力端子、有線LAN端子、アナログRGB端子
カメラ約92万画素
重量約1.3kg
バッテリー駆動時間約4.6時間
OfficeOffice Home and Business Premium プラス Office 365 サービス
OSWindows 8.1 Update
東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

インテルバナー