このページの本文へ

楽天Rポイントカード開始、ミスドも「楽天経済圏」に

2014年10月01日 16時00分更新

盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天が1日、店頭で使えるポイントカード「Rポイントカード」発行を開始した。

 インターネットの外側にも「楽天経済圏」を広げるのが狙い。提携先はサークルKサンクス、プロント、ミスタードーナツのダスキンなど12社。購入時のカード提示でポイントを付与し、保有するポイントは支払いに充てられる。

 競合はCCCが運営する会員数5000万人超の「Tカード」、同じくロイヤリティマーケティングが運営する6000万人超の「Ponta」など。ヤフーとポイントを共通化させたTポイントの提携先は、リアルとネットをふくめて23万店舗を超える。

 楽天では電子マネー「楽天Edy」と一体化させたカードも用意するなど、グループ全体で抱える40種類以上のサービスをきっかけとして会員数を増やしていきたいとしている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ