このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【ドコモ2014冬春スマホ】Xperia Z3&小型モデルもドコモには有り! ― 第11回

ドコモのタブは2台、10.5型「ARROWS」と8.4型「GALAXY」どっちを選ぶ!?

2014年09月30日 11時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモ冬春モデルのタブレットは10.5型の「ARROWS Tab」と8.4型の「GALAXY Tab S 8.4」の2台だ。

世界最軽量の超美麗タブレット
富士通「ARROWS Tab F-03G」

 約1年ぶりとなるARROWS Tabはディスプレーサイズはちょっと大きく、重さはかなり軽くなって登場する。

 前モデルは10.1型だったが、ARROWS Tab F-03Gは10.5型と少しだけ大きくなり、パネルは有機ELを採用、画面解像度はWQXGA(2560×1600ドット)と圧倒的な高精細を誇る。ヒューマンセントリックエンジンは使う人の年齢、または周囲の状況を判別して、見やすく最適な状態にディスプレーを自動調整してくれる。

 サイズは約265×174×8.5mmで、前モデルが約261×169×8.9mmだったことを考えると、画面は大きくなったが本体は小型化されている。また、重さも約519gから433gへと軽量化され、このサイズでありながら手持ちで動画を見ても疲労感は少なそう。なお、10.5型タブレットでは世界最軽量とのことだ。さらに防水・防塵にも対応しているので、お風呂場などで動画を見ることも可能だ。

 スペックを見ると、CPUには「ARROWS NX F-02G」と同じ、Snapdragon 801 2.3GHz(クアッドコア)を採用し、メモリーは2GBと一般的だが、内蔵ストレージは64GBの大容量だ。外部ストレージとして、microSDXC(最大128GB)も使えるので、大画面用のコンテンツを大量に保存できるだろう。LTEとWi-Fiの同時通信ができるマルチコネクションにも対応しており、安定した高速ダウンロードで長い動画でも安心。また、バッテリーは7840mAhと大容量。

 必要な機能がわかりやすくまとまったUIと、ワンタッチで画面の一部を鮮明に拡大する「いつでもズーム」機能、そして文字入力の力強い味方「Super ATOK ULTIAS」が搭載され、入力ミスや間違った日本語を自動判別して正しい日本語にしてくれる。間違った単語で検索してしまったり、間違った日本語のメールを送ってしまうといった事故が減ることだろう。

「ARROWS Tab F-03G」の主なスペック
メーカー 富士通
ディスプレー 10.5型有機EL
画面解像度 2560×1660ドット
サイズ 約265×174×8.5mm
重量 約433g
CPU Snapdragon 801(MSM8974AB)
2.3GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 64GB
外部メモリー microSDXC(最大128GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
Xi対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約810万画素CMOS(裏面照射型)/イン:約130万画素CMOS(裏面照射型)
バッテリー容量 7840mAh(交換不可)
FeliCa ×(+NFC)
ワンセグ ○(録画対応)
フルセグ ○(録画対応)
NOTTV
ハイレゾ再生
赤外線通信 ×
防水/防塵 ○/○
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約2470時間/約2000時間
カラバリ ホワイト
発売時期 11月中旬

(次ページでは、「8.4型のGALAXY Tab、登場」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART