このページの本文へ

iPhoneの充電状況を光って知らせるLightningケーブル

2014年09月27日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 充電状況を光で教えてくれるLightningケーブル「illumination cable」シリーズがSmart Laboアトレ秋葉原に入荷している。

充電に連動して光が巡り、バッテリー残量を教えてくれるLightningケーブル。カラーの異なる3モデルが入荷した

 充電と連動してケーブル内に光が流れる、いわゆる“光る充電ケーブル”の新モデル。Lightningコネクターを搭載したiOS向けモデルで、アップルのMFi(Made for iPhone/iPad/iPod)認証も取得している。

 一般に腕時計などに使用される、目に優しい「ELライト」を採用。ケーブルの光はバッテリー残量が少ないほど速く流れる仕組みになっており、充電が進むにつれて低速になり、満充電になれば自動的に消灯する。

ユニット部分を内蔵したUSB端子部はやや大型。流れる光は腕時計などに使用される、目に優しいELライトだ

 ケーブル長は約80cmで電流値は最大2.4A、充電だけでなくデータ同期にも対応している。なお、内蔵するELライトの寿命は約1万時間という。

 今回入荷したのは「ホワイトライト」「ブルーライト」「グリーンライト」の3モデルで、Smart Laboアトレ秋葉原にて各色2900円(税抜)で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART