このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

四本淑三のダイエット・ギークス ― 第2回

いつの間にか30kg歩いてしまう不思議

痩せる! グーグルのゲーム「Ingress」はダイエットに最適だ!

2014年09月28日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Ingressは痩せる」という話を最近よく耳にします。Yes、痩せます。私は始めた直後にいきなり2kgほど体重が落ちました。これを「Ingressダイエット曲線」と名づけました。

 しかし、ワレワレの間ではすっかりメジャーなIngressですが、「それなに?」という方々も大勢いらっしゃることと思います。

 IngressはGoogle公式のゲームアプリです。昨年からAndroidのアプリが出ており、今年の7月にはiOS向けにもリリースされました。いずれも無料です。面白いです。普段ゲームをまったくやらない私がハマるわけですから、つまらないわけがない。

 しかし私はIngressはゲームではなく、ダイエットを持続させるためのモチベーションであると考えています。かつゲーマーとしてはまったくの素人なので、ここでゲームとしてのIngressを語るのは気が引けるわけですが、記事の流れとして触れぬわけにも参りません。

 ゲームについての世界観の設定や詳細は、私などよりももっと詳しい先輩方が、様々な情報・ノウハウをネット上に書かれているので、そちらを参照してください。ここここですね。私も、それらを読んで勉強してからプレイをはじめました。

 と、お断りをした上で、話を始めたいと思います。

TANITAのBluetooth体組織計「InnerScan Dual RD-900」で計測した体重。私がIngressを始めたのは2014年8月21日。65kg前後をうろうろしていた体重が、ゲームを始めて2日後には63.3kgに

(次ページでは、「Ingressは位置情報を使った拡張現実ゲーム」

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART