このページの本文へ

バグ有りのiOS 8.0.1はスキップで、数日以内に8.0.2登場

2014年09月25日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本時間25日未明にリリースされた「iOS 8.0.1」をiPhone 6/iPhone 6 Plusに適用すると、携帯電話の機能やTouch IDが動作しなくなるなどの不具合が発生し、公開が停止された件についてはすでにお伝えしているが(関連記事)、この件について、アップルが情報を提供している(関連リンク)。

 まずiOS 8.0へのダウングレード方法としては、まず最新のiTunesをダウンロードして、PCまたはMacにバックアップを作成する。そして上記リンク内にあるiPhone 6/iPhone 6 Plus用のiOS 8.0のプログラムをダウンロードする。

上記リンクからiPhone 6またはiPhone 6 Plus用のiOS 8のプログラムをダウンロードする

 その後にiTunesを起動し、「更新プログラムの確認」ボタンを、「Shift」キー(Windows)または「Option」キー(Mac)を押しながらクリック。するとファイル選択画面が出るので、上記プログラムを選択する。

バックアップを取った後で、iTunesの「更新プログラムの確認」ボタンを「Shift」または「Option」を押しながらクリックすると、ファイル選択画面が表示
先ほどダウンロードしたファイルを選択すると、まっさらのiOS 8.0に戻るので、再度バックアップから復元する

 なお、問題を解決したiOS 8.0.2へのアップデートは数日以内にリリース予定とのこと。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中