このページの本文へ

AMD「秋だ!動画だ!AMD!動画に強いAMD製品で秋を楽しもう! SPECIAL EVENT 2014」

自作は怖くない! 声優の野中藍さんがPCの自作に初挑戦

2014年09月22日 22時50分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは21日、「秋だ!動画だ!AMD!動画に強いAMD製品で秋を楽しもう! SPECIAL EVENT 2014」をアキバ☆ソフマップ1号店7階イベントスペースで開催した。

 「宇宙のステルヴィア」の主役片瀬志麻役や「魔法少女まどか☆マギカ」の佐倉杏子などを演じる声優の野中藍さんが、「A10-7850K」を使った動画再生に強いPCの自作に挑戦した。

自作PCに初挑戦をした声優の野中藍さん野中さんのサポート役として登場したAMDマーケティングスペシャリストの井戸川淳氏

 現在、野中さんが愛用しているPCはメーカー製PCで、ケースもやや大きめで黒色だという。この日のイベントに用意されたケースはFractal Design製の「Node 304 White」。可愛らしいデザインに野中さんは「シールを貼ったりしてデコレーションしたりできますね」と気に入った様子。

 組み立てるパーツは、APUが「A10-7850K」、マザーボードがMSI A88XI AC」、メモリーがCorsair「VENGEANCE PRO 」シリーズの4GB×2枚組(CMY8GX3M2A2133C11)、SSDが「Radeon R7」シリーズの240GB、電源はFractal Design「Tesla R2 WHITE 650W」で、総額は8万円相当。

緊張した面持ちでイベント会場に姿を見せた野中さん井戸川氏の説明を真剣に聞く野中さん

 PCを自作するのはこの日が初めてという野中さんを、AMDマーケティングスペシャリストの井戸川淳氏がサポート。井戸川氏に促されて、組み立て作業にとりかかる野中さんは、APUとクーラーの取り付け、メモリー取り付けの作業はなんなくクリア。メモリーの取り付けの際には、立ち上がってグッとメモリーを押し込む技を披露した。

 続いて、マザーボードをケースに取り付ける作業へ。組み立ての際にドライバーの先が磁石になっていることに驚いたという。

マザーボードにAPUとファンを取り付ける
イベントはトークをしながら組み立てるという、慣れていない野中さんにとっては難易度の高いものになっていた

 井戸川氏が「なぜ声優になろうと思ったのですか?」と質問すると、野中さんは「小学5、6年の時に、「幽☆遊☆白書」の蔵馬に会いたくて、調べたら声優というお仕事があることを知り、声優になりたいと思いました」と語った。また、声優になるには、演技が必要ということを知り、演劇の勉強を始めたとのこと。

 その後も順調に電源の取り付けなどを進めていたが、初心者の野中さんが30分でマシンを1台組み立てるのは無理な設定だったのか、組み立て途中でタイムアップとなってしまった。

7000番台のAPUでサポートする「Fluid Motion Video」機能について、井戸川氏が紹介する最後に、野中さんのサインが当たる抽選会を実施した

 自作PCに初挑戦した野中さんは、実際にPCを組み立てしてみて「自作PCって映画のなかの世界のイメージだったのですが、中身に触れてみると怖くないものだなと思いました。また、作ってみたいなと思います」と述べた。

 なお、この日、野中さんが組み立てたパソコンは、ソフマップ秋葉原リユース総合館の自作PCパーツコーナーで展示するとのことだ。

ソフマップ 秋葉原リユース総合館で展示予定の野中さんが自作した「そふまっぷちゃん1号」と「そふまっぷちゃん2号」

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社