このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! ― 第27回

1000人以上が殺到! アップルストア 表参道で「iPhone 6 / 6 Plus」発売開始

2014年09月19日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月19日午前8時、アップルの新スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の発売が開始された。

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」

 アップルの表参道直営店「Apple Store,Omotesando」(アップルストア 表参道)は今年6月にオープンしたばかりの、“国内で最も新しいアップルストア”。iPhone 5s/iPhone 5cのときはまだオープンしていなかったため、iPhoneの発売日を迎えるのは今回が初だ。

「Apple Store,Omotesando」は、今年6月にオープンしたばかりの、国内で最も新しいアップルストア。店内はかなり広めだ

 今回の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」では発売日当日からSIMフリー版を販売するとあってか、Apple Store,Omotesandoにも多くの購入希望者が殺到した。行列の人数は、9月17日の14時30分頃で約30人程度だったが、発売開始当日にあたる18日午前6時には約600人、発売時刻の午前8時前には1000人以上に到達(人数はすべて編集部調べ)。距離にして1km〜1.2kmほどになっていた。

アップルの表参道直営店「Apple Store,Omotesando」では、9月19日午前8時の段階で1000人以上の購入希望者が行列をなした

 午前7時58分頃には、Apple Storeのスタッフが歓声を上げ、かけ声を掛け合ってテンションを上げるなどの演出が見られた。そして、恒例のカウントダウン後に午前8時に開店。購入希望者が5人程度ずつ店内に案内された。

恒例のカウントダウン後に午前8時に開店。「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」販売が開始された
ハイタッチとともに、スタッフが購入希望者を店内に案内

 購入者第1号として店頭に現れたのは、自営業の男性。事前予約をしており、開店1時間前から並んで購入したという。購入を終えたのが午前8時20分ごろだったこともあり、このまま出社すると話していた。

購入者第1号として店頭に現れたのは、28歳の男性。事前予約をしており、開店1時間前から並んで購入したという

 また購入したモデルは「iPhone 6」で、その理由はポケットに入れて持ち運びたい、「iPhone 6 Plus」では大きすぎると感じたからとのことだったが、「iPhone 6 Plus」でもよかったかもと話していた。

この後、各メディアをApple Store,Omotesando店内に案内。ハイタッチで迎えられた
店内では「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を自由に触れるように配置
「iPhone 6 Plus シリコンケース」「iPhone 6 Plus レザーケース」なども展示していた

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中