このページの本文へ

KDDI、他社からMNPで端末高額下取り、旧プランでも可!

2014年09月17日 18時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、MNPでauに乗り換えるユーザー向けのキャンペーン「auにかえる割 Plus」に、従来の基本使用料割引、またはau WALLETへのチャージに、さらにそれまで使っていた旧端末を下取りする「下取りキャンペーン」を追加する(9月16日から10月31日まで)。

 まず下取り価格については以下のとおり。

  iPhone 5 iPhone 5c iPhone 5s
16GBモデル 2万8080円相当 3万4560円相当 3万8880円相当
32GBモデル 3万240円相当 3万6720円相当 4万1040円相当
64GBモデル 3万2400円相当 4万3200円相当
iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS 2万4840円相当
Android、フィーチャーフォン 2万4840円相当(ドコモ版Xperia S5/Xperia Z2は4万3200円相当)

 この下取り価格のうち、半額分はiPhone 6/iPhone 6 Plusなど新しく購入する端末代金から割り引かれ、残り半額分については、2015年2~3月にau WALLETにチャージされる形で還元される。

基本使用料の最大2年間無料などと
下取りキャンペーンの二重の特典

 「auにかえる割 Plus」は、もともと旧プラン契約時は基本使用料(月934円)が最大24ヵ月、新プラン契約時はau WALLETに1万円チャージが行なわれるという内容だったが、「下取りキャンペーン」とは同時に利用可能なので、かなりのオトク度合いとなる。

 なお、他社からMNP加入時に旧端末を買い取るサービスは、まずドコモが先行して、16日になってソフトバンクが追従した形だが、基本的にともに新プランへの加入が前提となっている。しかし、auの「下取りキャンペーン」は旧プランへの契約でも利用可能なのが大きな違いとなる。

au→auの機種変更時の買取価格がさらに増額

 これに加えて、au→auの機種変更をするユーザー向けの旧iPhoneの買取価格がさらに増額されている。下取り価格については以下のとおり。

  iPhone 4s iPhone 5 iPhone 5c iPhone 5s
16GBモデル 2万3000円相当 3万2000円相当 2万4000円相当 3万1000円相当
32GBモデル 2万3500円相当 3万3000円相当 2万5000円相当 3万2000円相当
64GBモデル 2万4000円相当 3万4000円相当 3万3000円相当

 機種変更時の下取り価格は、当初発表された段階から、14日にiPhone 5のみが7000円相当増額されたが、他社に対抗すべく、さらに全体で7000円相当が上乗せされている。なお、この金額は10月31日まで。



■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください