このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! ― 第8回

有識者がiPhone 6発表についてコメント

「近い将来、iPhone 6にも18金のモデルが」――前田知洋氏

2014年09月10日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本時間9月10日、満を持して登場した「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「Apple Watch」。今回の発表に関して、至近距離でマジックを演じる“クロースアップ・マジシャン”の第一人者であり、ITやApple製品にも詳しい前田知洋氏にコメントをいただいたのでご紹介する。新型iPhoneについて前田氏が注目するのは、サイズやスペックではないのだという。

デザインやスペックだけじゃない。iPhone 6の強みは素材のスタイリッシュさ

iPhone 6とiPhone 6 Plusの2サイズ。いずれもiPhone 5sよりも大型化している

 新しいモデルが登場すると、サイズやスペックが話題になるiPhone。しかし、僕がAppleのプロダクツに注目するのは、手に持ったときの感覚や素材のテクスチャー。その理由は、僕が指先を使う仕事だからかもしれない。

 同様に、僕が仕事で会うセレブリィティーにとっては、最新のプロセッサーなんかどうでもいい。求められるのは、クールな外観とイラつかない操作感、iSightカメラで美しい写真が撮影できて、友達と電話しながら最新ファッションをネットでチェックできること。そのうえ、まばたきする瞬間にNFCで散財できるなら、きっとiPhone 6に買い替えるモチベーションになるはずだ。それをキチンと実現させたiPhone 6。同時に発表されたApple Watchと同じように、近い将来、iPhone 6にも18金のモデルが登場するに違いない。

僕が仕事に使うトランプは1枚の厚さが0.34ミリ。iPhone 6なら、およそ20枚分。

非礼な習慣をやめるキッカケになるApple Watch

 ここ数年、家族との食事やデート、クライアントとの重要な打ち合せで「スマホをテーブルに置く」という、少し非礼な振る舞いが普通になってきた。そんな習慣をスマートに引き戻すことになりそうなApple Watch。デジタル・タッチ・コミュニケーションで視線も落さずに、隣に座る人にも気づかれずにコミュニケーションもできる。即座にSiriで検索したり、知らない街で曲がり角を教えてくれたり、初めて訪れる外国の空港でも出発ゲートに迷わなくなる。18金モデルを用意したり、入力デバイスとして、クラシカルな「竜頭」を残したところも、アイヴらしく、Appleらしい。

 革命的というのは、けっしてデバイスの発明ではなく、新たなライフスタイルや楽しみの予感を信じさせる製品にある。iPhoneが初めて披露されたときもそうだった。

前田知洋(まえだ ともひろ)

 東京電機大学卒。卒業論文は人工知能(エキスパートシステム)。少人数の観客に対して至近距離で演じる“クロースアップ・マジシャン”の一人者。プライムタイムの特別番組をはじめ、100以上のテレビ番組やTVCMに出演。LVMH(モエ ヘネシー・ルイヴィトン)グループ企業から、ブランド・アンバサダーに任命されたほか、歴代の総理大臣をはじめ、各国大使、財界人にマジックを披露。海外での出演も多く、英国チャールズ皇太子もメンバーである The Magic Circle Londonのゴールドスターメンバー。

 著書に『知的な距離感』(かんき出版)、『人を動かす秘密のことば』(日本実業出版社)、『芸術を創る脳』(共著、東京大学出版会)、『新入社員に贈る一冊』(共著、日本経団連出版)ほかがある。現在、ビジスパからメルマガ「なかマジ - Nakamagi 2.0 -」、「Magical Marketing - ソシアルスキル養成講座 -」を配信中。


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中