このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

シンプルを極めた東芝のWindowsタブレット「dynabook Tab S50」 ― 第1回

落ち着いたゴールドのボディが扱いやすい

お役立ちキーボードカバーが秀逸! 10.1型シンプルタブレット「dynabook Tab S50」

2014年09月19日 08時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook Tab S50」

 東芝の「dynabook Tab S50」は、10.1型ディスプレーを搭載したWindowsタブレットだ。本体の見た目はスタンダードだが、モデルによって付属するBluetoothキーボードがなかなか秀逸で、魅力的に仕上がっている。店頭販売を行なうカタログモデルは3種用意されているが、それとは別に直販サイト「東芝ダイレクト」でWeb限定モデルを販売している。

 今回試用するのは、Web限定モデル「dynabook Tab S50/W8M」だ。店頭販売モデルだと「dynabook Tab S50/36M」と構成が共通している。

試用機の主なスペック
製品名dynabook Tab S50/W8M
CPUAtom Z3735F
メモリー2GB
ストレージ64GB フラッシュメモリー
ディスプレー10.1型(1280×800ドット)
バッテリー駆動時間約7時間(JEITA 2.0)
通信規格IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
内蔵カメラ前面:120万画素、背面:500万画素
内蔵センサーGPS、電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー
インターフェースmicroHDMI出力端子、microUSB 2.0、マイク/ヘッドホン端子
カラーサテンゴールド
サイズ/重量約幅258.8×奥行175×高さ9mm/約555g
OSWindows 8.1 with Bing(32ビット)

落ち着いたサテンゴールドのボディ

背面側はサテンゴールドの落ち着いたトーンに、ロゴとカメラが配置されている。汚れがつきづらく、扱いやすい

 「dynabook Tab S50」の本体サイズは幅258.8×奥行き175.0×厚さ9.0mmで、重量は約555g。10.1型ディスプレー搭載モデルとして、特別に薄型であったり、軽量であったりといった特徴はない。Windowsタブレットとして比較的めずらしく感じられるのは、ボディカラーがサテンゴールドであることだろうか。

 ゴールドといっても落ち着いた色で、派手すぎることはない。サイドをぐるりと囲むパーツはシルバーだ。どちらもしっとりとした雰囲気で、触感はさらさらしている。さらさらタイプでも皮脂を吸い込むような感じではなく、素手で持っても汚れづらいのが好印象だ。

 約555gという重さは、片手で扱うのが苦にならないものだ。サイズ的にもちょうどよく、片手で持っても、腕に乗せるようにして使っても楽に扱える。外出先で立ったまま使いたいという人にもちょうど良い。

(次ページ、「付属キーボードはスタンドにもカバーにも変身!」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー