このページの本文へ

新しいテレマティックスサービスの提供を目指す

トレジャーデータ、パイオニアと自動車業界向け事業で提携

2014年09月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月4日、米トレジャーデータとパイオニアは自動車業界向けのビッグデータ関連事業において業務提携を行なうことで合意した。この提携により、パイオニアが展開している自動車向けクラウド基盤上のビッグデータ活用において、トレジャーデータの技術を採用し、新しいテレマティクスサービスの提供を目指すという。

テレマティクスサービスのイメージ

 パイオニアは2006年に、自動車の走行履歴や各種のセンサーデータなどのプローブ情報を活用した独自のネットワークシステム「スマートループ」を立ち上げるほか、2013年には、自動車向けクラウド基盤『モバイルテレマティクスセンター』を構築。スマートフォン向けのクラウド型ナビゲーションサービスを開始したほか、車載機のみならず、スマートフォンから得られる膨大なデータの解析処理による高精度なプローブ渋滞情報の提供を開始している。

 一方、トレジャーデータは、大容量の各種データをリアルタイムで収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供。デジタルマーケティング・広告業界やオンラインゲーム業界の企業向けに導入を進めてきたが、昨年より製造業を中心にした、センサーデータの分野(IoT)への応用を強化している。

カテゴリートップへ

ピックアップ