このページの本文へ

2つのHI-FIオーディオシステムが新登場

“本物の音”を再び、オーディオブランド「Technics」復活! 12月に欧州で新製品-パナソニック

2014年09月04日 19時08分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リファレンスシステム R1シリーズ

 パナソニックは9月4日、オーディオ専用ブランド「Technics」を復活し、12月に欧州市場へHI-FIオーディオシステムの新製品投入を皮切りに、順次グローバル展開していくことを発表した。

 Technicsは、1965年から2010年にかけて展開してきたHI-FIオーディオ専用ブランド。ブランド名の由来は、原音を忠実に再現するテクノロジーに基づいた造語だ。

 同ブランド初の製品は1965年発売の密閉型2ウェイ2ユニットスピーカーシステム「Technics 1」で、1970年には世界初となるダイレクト・ドライブ式ターンテーブル「SP-10」、その後はパワーアンプやCDプレーヤーなどの高級音響製品を投入していった。なお、ダイレクト・ドライブ式とは、振動せずに低速回転するモーターの回転軸を、ターンテーブルに直結する方式のこと。

 同社では、近年のハイレゾ音源の普及により、よりリアリティのある高品位な音の表現が求められてきており、Technicsブランドでは伝統の音響テクノロジーと先進のデジタル技術をもって、“本物”を待望する音楽ファン・オーディオファンに、演奏者の真の音楽表現、息づかい、かつてない驚きと感動を届けていくとしている。

 なお、今回欧州にて発売する新製品は2つのシステムで、構成は下記の通り。

「リファレンスシステム R1シリーズ」
  • SE-R1(パワーアンプ)
  • SU-R1(ネットワークオーディオコントロールプレーヤー)
  • SB-R1(スピーカー)
「プレミアムシステム C700シリーズ」
  • SL-C700(CDプレーヤー)
  • SU-C700(インテグレーテッドアンプ)
  • ST-C700(ネットワークオーディオプレーヤー)
  • SB-C700(スピーカー)
プレミアムシステム C700シリーズ

 価格目安は上位となる「リファレンスシステム」が約4万ユーロ。「プレミアムシステム」については、SU-C700(インテグレーテッドアンプ)、ST-C700(ネットワークオーディオプレーヤー)、SB-C700(スピーカー)の組み合わせで約4000ユーロとなり、SL-C700(CDプレーヤー)の単体価格は約1000ユーロだ。価格についてはドイツを想定しているとのこと。

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ