このページの本文へ

世界待望! 「Xperia Z3」シリーズの新スマホやタブレットを発表

2014年09月03日 23時45分更新

文● 平澤寿康

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにきた「Xperia Z3」!
今度はタブレットや小型モデルもアリ!

 ソニーモバイルは、ドイツ・ベルリンで9月5日より開催される「IFA 2014」に先がけて発表会を開催し、スマートフォン最新モデル「Xperia Z3」や「Xperia Z3 Compact」、8型タブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」などを発表した。

 「Xperia Z3」は、Xperia Z2の後継となる新フラッグシップスマートフォン。ボディーデザインは、従来までと同様に「オムニバランスデザイン」のコンセプトを継承しつつ、なだらかなラウンド形状の側面に変更。液晶はサイズが5.2型、フルHD(1080×1920ドット)表示対応と従来同様だ。

 最大の進化点はカメラで、メインカメラは2070万画の「Exmor RS for mobile」。広角25mmの新Gレンズを搭載するとともに、電子式手ブレ補正機構の進化や、スマートフォンとして世界初となるISO 12800対応を実現し、特に暗所での撮影性能が大きく向上。カメラアプリも機能が進化した。

最新にして最良のXperia、「Xperia Z3」

 サウンド機能も進化しており、外部DAC不要でハイレゾ音源の再生に対応。さらに、ハイレゾ対応ウォークマンに搭載されている、既存の音楽をハイレゾ相当の音質に再現し再生する「DSEE HX」機能を搭載するなど、単体再生機に匹敵する音楽再生能力が備わった。CPUはMSM8974AC(2.5GHz、クアッドコア)を採用し、メモリーは3GB、内蔵ストレージは16GB搭載。IP65/IP68相当の防水・防塵性能も備える。

 「Xperia Z3 Compact」は、Xperia Z1とXperia Z1 Compactの関係とほぼ同じコンパクトモデル。搭載CPUやカメラ機能、ハイレゾ音源対応の音楽再生機能など、Z3とほぼ同等の機能をコンパクトボディーに凝縮。また、液晶は4.6型に大型化した。デザインコンセプトはZ3とほぼ同じだが、側面フレームを樹脂製に変更し、一部透明な素材を採用することで、印象は大きく異なっている。IP65/IP68相当の防水・防塵性能も備える。

 Xperia Z3およびXperia Z3 Compactは、日本を含むワールドワイドで2014年秋以降発売を予定している。

液晶サイズは大きくなったものの、小型端末好きにはうれしい「Xperia Z3 Compact」

 タブレットの新モデル「Xperia Z3 Tablet Compact」も発表。8型フルHD液晶を採用するAndroidタブレットだ。液晶の左右フレーム幅を狭めることで、本体サイズは124×213×6.4mmと、片手で掴んで持てるサイズを実現。重量も約270gと300gを切る軽さを実現している。通信機能は3G/LTE対応で、通話にも対応。ハイレゾ音源再生対応のサウンド機能も備える。

8型だが、コンパクトに分類される「Xperia Z3 Tablet Compact」

 CPUはMSM8974AC(2.5GHz、クアッドコア)を採用し、メモリーは3GB、内蔵ストレージは16GBまたは32GB。IP65/IP68相当の防水・防塵性能にも対応する。バッテリー容量は4500mAh。ワールドワイドで2014年秋に発売予定で、日本での発売は未定。

 これら以外にも、新興市場向けの低価格スマートフォン「Xperia E3」や、ウェアラブルデバイスの「SmartBand」および「Smart Watch」の新モデルも発表されている。プレスカンファレンスや新製品の詳細については、追ってお伝えする。

新興市場向けの低価格スマホ「Xperia E3」
2色のカラバリも発表された「SmartBand」
時計型のウェアラブルデバイス「Smart Watch」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART