このページの本文へ

最大3台のディスプレーに接続可能

Core i7-4790K搭載可能、豊富な構成の省スペースPC「Endeavor MR4500E」-エプソンダイレクト

2014年09月04日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4GHz駆動の「Core i7-4790K」などのCPUが選択可能な省スペースPC「Endeavor MR4500E」(ディスプレーは別売)

 エプソンダイレクトは9月4日、オーバークロックに注力したCore i7プロセッサーCore i7-4790K(4.0GHz)などが選択可能な省スペースPC「Endeavor MR4500E」の販売を開始した。

 Endeavor MR4500Eは、約幅98×奥行405×高さ357mmというコンパクトなケースが特徴の省スペースPCだ。BTOに対応し、CPUやメモリー、ストレージ、OSなどが用途に合わせて選択できる。

 USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×5を搭載するほか、VGA端子、DVI-D端子、HDMI端子を使用して最大3台のディスプレーに接続できる。また、シリアル・パラレルポートやLANポートなどの増設も可能だ。

 基本構成の価格は8万6184円。9月4日より、同社のホームページや電話窓口にて受付を開始する。選択可能なスペックは以下の通り。

Endeavor MR4500Eの選択可能なスペック
CPU Pentium G3240(3.1GHz)、Core i3-4350(3.5GHz)、Core i5-4460(3.2GHz)、Core i5-4690(3.5GHz)、Core i7-4790(3.6GHz)、Core i7-4790K(4.0GHz)
GPU CPU内蔵グラフィックス、Radeon R7 240、GeForce GT640、GeForce GTX750、Quadro K600
メモリー 4GB、8GB、32GB
ストレージ 500GB/1TB/2TB HDD、128GB/256GB/512GB SSD、RAID 1キット 1TB(1TB×2)、RAID 1キット 2TB(2TB×2)、RAID 1キット 256GB(256GB SSD×2)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ、Blu-ray ディスクドライブ(BDXL対応)
OS Windows 8.1(64bit)、Windows 8.1 Pro(64bit)、Windows 7 Professional Service Pack 1 SP1(64bit)、Windows 7 Ultimate Service Pack 1 SP1(32bit)、Windows 7 Professional Service Pack 1 SP1(32bit)、Windows 7 Home Premium Service Pack 1 SP1(32bit)、Windows 7 UltimateService Pack 1 SP1(64bit)、WIndows 7 Professional Service Pack 1 SP1(64bit)、Windows 7 Home Premium Service Pack 1 SP1(64bit)
エプソンダイレクト株式会社

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン