このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ユニティちゃんで行こう! ― 第2回

プログラミングの知識など微塵も無い状態から3Dデータを動かす

必要なのは志! G-Tuneのコラボモデルで動くUnityちゃんを作る

2014年09月04日 08時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターの15.6型ノート「NEXTGEAR-NOTE i540BA1-Unity」は、開発ソフトunityのマスコットキャラ「ユニティちゃん」とのコラボモデルだ。天板には、コラボPC用に描き下ろされた「ユニティちゃん」がデザインされている。前回は、外観やオリジナルボイスなどを紹介した。今回は、Unityを実際に使って動く3Dデータのユニティちゃんを作成していこう。

NEXTGEAR-NOTE i540BA1-Unity」の主なスペック
機種名 NEXTGEAR-NOTE i540BA-Unity
CPU Core i5-4200M
GPU GeForce GTX850M
メモリー 8GB
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×3、USB 2.0端子×1、D-sub 15ピン、HDMI端子、ヘッドフォン出力/マイク入力端子など
OS Windows 8.1 Update(64bit)
サイズ/重量 約幅374×奥行252×高さ31.4mm/約2.5kg
マウスコンピューター/G-Tune


(次ページ「動くユニティちゃんを作る!」へ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune