このページの本文へ

圧倒的コスパの「ZenFone 6」にデュアルSIMモデル登場

2014年08月30日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コストパフォーマンスに優れたASUSTeKのスマートフォン「ZenFone 6」にバリエーションモデルが登場。デュアルSIMに対応したホワイトモデル(型番:A601CG)がイオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店に入荷している。

ASUSの高性能な6型の低コストスマホ「ZenFone 6」。デュアルSIMに対応したバリエーションモデルで、コスパの良さは相変わらずだ

 ZenFone 6は先週アキバに登場したASUSTeK製の6型スマートフォン。今回の製品はスペックはほぼそのままに2基のSIMスロットを搭載しているのが特徴で、同様のデュアルSIMモデルとしては最高レベルのパフォーマンスを持っている。

 6型のディスプレーは解像度720×1280ドットで、「GloveTouch」「PenTouch」に対応した高感度パネルを採用。手袋をしたまま操作できるほか、ペン先の細いパッシブタイプのスタイラスでも手書き入力が可能。プロセッサーは通常モデルからクロックがやや低下したAtom Z2580(1.6GHz)を採用。メモリー2GB、ストレージ32GBを内蔵する。

 そのほか、1300万画素の高性能カメラを備えるなど、基本性能はほぼ同等。2つのSIMスロットは、ショップによればそれぞれ3G:850/900/1900/2100MHz、GSM:850/900/1800/1900MHzに対応する。

 イオシス各店にて、3万6800円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】COMPUTEX TAIPEI 2016中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART