このページの本文へ

環境にもメンテナンスにもやさしいエネルギーハーベスティング

電池も配線も不要な“環境発電”のウォッシュレット・リモコン

2014年08月27日 16時49分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大きくシンプルなボタン配置や便座洗浄ボタンをウォッシュレット操作系と別にするなど分かりやすいデザインとなっている「エコリモコン」

 TOTOは8月26日、パブリックトイレ向けの新「ウォッシュレットPS」を発表、10月1日より販売する。管理や清掃の手間を低減するため配線も電池も不要な「エコリモコン」を採用しているのが特長だ。

エコリモコンはカチッと音がするタイプのボタンを使い、押し込む力で発電する

 ウォッシュレットPSは、学校や病院などの公共施設向けのモデル。オート便器洗浄、クリーンノズル、プレミスト(人が座ると自動で水ミストを便座ボウル面に吹き付けて付着を減らす)、ノズルきれい(水道水の塩化物イオンを電気分解した除菌成分を含む水でノズルを洗浄)などの機能を備え、管理や清掃の手間を少なくしている。

パブリックコンパクト便器とのセット例

 大きなポイントは電池も壁裏配線も不要なリモコンで、スイッチを押した際の力で発電し、その電力だけでリモコンを動作させる。配線工事が不要なうえ、定期的な電池交換も不要など公共施設に配慮している。なお、リモコンのボタンはJISで定める公共トイレ操作系(JIS S 0026)に準拠。

パブリックコンパクト便器もフラッシュバルブ式(水道管直結)とフラッシュタンク式(タンクに溜めた水で流す)のハイブリッド方式を採用した新モデルが登場し、施工のしやすさと節水を両立させている

 エコリモコンタイプの「ウォッシュレットPS2」の価格は12万2040円(基本モデル)から15万9840円(オート便器洗浄タイプ・ノズルきれい・プレミスト付き)まで。乾電池リモコンタイプ(ウォッシュレットPS1)も用意される。

 ボタン押し下げ力だけで動作するリモコンとしては、レストランや病院の呼び出しボタンなども一部普及が進みつつあり、エネルギーハーベスティング(身近にあるエネルギーを活用して電力にする)として注目されている。なお、TOTOではすでに手洗い時に流れる水でマイクロ水力発電し、手をかざせば検知・蛇口の水を自動でスタート・ストップさせる自動水栓「アクアオート・エコ(発電タイプ)」も実用化している。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン