このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソフトバンクの「AQUOS CRYSTAL」は超狭額フレームレス!

2014年08月18日 18時09分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

画面占有率82%以上!
3面狭額縁の「AQUOS CRYSTAL」フォトレポ!

 今日ソフトバンクモバイルから発表された「AQUOS CRYSTAL」(シャープ製)は驚きのフレームレススマホ(関連記事)。ソフトバンクグループの独占モデルであり、同社が買収したアメリカのSprintでも発売する。

 モデルは5型ミドルレンジの「AQUOS CRYSTAL」と、5.5型フラッグシップの「AQUOS CRYSTAL X」の2機種。前者は8月29日に発売されるが、後者は12月としばらくお預けだ。

 どちらも最大の特徴は「クリスタルディスプレイ」と呼ばれるスマホの周囲のフレーム(下部以外)をなくして端末全体がディスプレーのようなデザイン。画面占有率は5型モデルで82.3%だという。残念ながらIGZOは搭載されていないが、シャープ独自の「エコ技」により普通に使って3日間以上の電池の持ちを実現している。

 それでは、デザイン面でもクリスタルのように美しいAQUOS CRYSTALを写真で紹介しよう。

デザインはこれまでのAQUOSシリーズを踏襲している。背面パネルは握る部分のみデコボコになっており、滑りにくい
上部には電源キーとイヤホンジャック、下部にはmicroUSB端子がある。防水ではないので、水回りに注意しよう
ボリュームはハードキーで調整する。両サイドは左側にボリュームキーがあるだけで、スッキリしたデザインだ
周囲のベゼルがほとんどないおかげで、5型ながらも4型ちょいの本体サイズを実現している
リアカメラは800万画素とスタンダードなスペック。下部にあるのはスピーカーだ
リアパネルは脱着可能だが、バッテリーパックの交換はご覧の通り不可能液晶パネルはまさにクリスタルのようにカットされたデザインで、隅々まで美しい

(次ページでは、「フラッグシップモデルの「AQUOS CRYSTAL X」を紹介」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART