このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第95回

Xpeira A2、URBANO、STREAM Sのカメラはどれが高性能?

2014年08月18日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コンパクト&使いやすさ重視の3機種による比較の第3回はカメラのテスト。起動時間、サクサク撮影できるか、そして実際の写真の比較。さらに今回はインカメラで撮影した場合もチェックし、勝敗を決める!

ドコモ「Xperia A2 SO-04F」au「URBANO L03」ワイモバイル「STREAM S 302HW」

まずはカメラの詳しいスペック確認から

 今回も比較しているのはドコモ「Xperia A2 SO-04F」au「URBANO L03」ワイモバイル「STREAM S 302HW」の3機種だが、まずは基本的なカメラのスペックを見てみよう。

  Xperia A2 URBANO L03 STREAM S
カメラ画素数 2070万画素CMOS
(裏面照射型)
1300万画素CMOS
(裏面照射型)
800万画素CMOS
(裏面照射型)
F値 2 2.2 2
インカメラ 220万画素CMOS
(裏面照射型)
97万画素CMOS
(裏面照射型)
500万画素CMOS
(裏面照射型)
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ フルHD フルHD フルHD
シーン設定の有無 ×
露出補正
ホワイトバランス調整

 表を見ると、Xperia A2が一歩リードという印象。とはいえ、夏モデルのスマホを見ていると標準的と言ったところでもある。STREAM Sのインカメラの画素数が高いが、一方でシーン設定は無し(ビューティーモードやパノラマ撮影はあるが、シーン設定とは言えない)。

 ここまでは料金比較でSTREAM SスピードチェックでURBANOがリードしているが、勝敗の判断に迷うシーンも多い。カメラ勝負ではどうなるだろうか。

カメラの起動時間勝負
URBANO L03が制す

 カメラの起動時間チェックは、アイコンをタップしてから、シャッターが切れる状態になるまでの時間を計測する。しかし起動時間が短く、ストップウォッチでは追いつけないため動画で撮影して確認している。各機種3回テストを行なった。

  Xperia A2 URBANO L03 STREAM S
カメラ起動速度 1秒4~1秒9
(ロック画面)
0秒77~0秒83
(ホーム画面)
0秒94~1秒53
(ロック画面)
0秒97~1秒17
(ウィジェット)
0.83~1秒
(ホーム画面)

 最速はURBANO L03。ロック画面からは起動できないため、ホーム画面のトレイにあるカメラアイコンをタップして計測したが、最短で0秒77だ。URBANO L03はシャッターボタンさえ表示されていれば、ファインダー内のプレビューアイコンなどが表示されなくても撮影できるため、起動してすぐに撮ることが可能だ。

 それに続くのはSTREAM S。ロックボタンを左にスライドさせてファインダーを表示するため、操作にほんの少し時間がかかる。カメラ起動時の過程がバラバラで、ファインダーが表示されてからシャッターボタンが表示、その逆、あるいは同時に表示、となぜ変わるのかは不明だが、それぞれでタイムが若干違うようだ。

 最後はXperia A2となったが、歴代機種で考えると、これでも十分早い方。なおdocomo LIVE UXからの起動なので、ロック画面はスワイプ操作ではなく、アイコンのタップで起動する。ホーム画面ではXperia専用のカメラウィジェットから起動した。

撮影間隔もURBANOが勝つ
とはいえ3機種とも速い

 次に撮影間隔をチェック。こちらは動画に撮影していても、速すぎて確認するのが大変難しい。Xperia A2とURBANO L03は撮影時のシャッターを切るアニメーションで、STREAM Sはシャッターを切る音で判断するしかなかった。なお撮影モードはXperia A2は「おまかせオート」、URBANO L03は「通常」、STREAM Sは「スマートモード」。

  Xperia A2 URBANO L03 STREAM S
カメラ撮影間隔 0秒46~0秒50 0秒34~0秒54 0秒50~0秒70

 ここでも最速は0秒34のURBANO L03。意外な気もするが、そのぶん他の2機種よりもピントを合わせるのが若干甘いようだ。ただしタップに合わせてバンバンと撮れる。

 Xperia A2はピントを一度合わせればURBANOと同じく連打して撮れる。ただ動画で比較するとURBANOより若干遅れがあることに気づいた。もっとも体感ではまったくわからないレベルだ。

 STREAM Sはピント次第で合っていればスピーディーに撮れて、シャッターの連打が可能。ただピントがずれるとシャッターを切るまでに長めの間が生じる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART