このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第368回

夏の風物詩!? 車の下で猛暑をしのぐ猫たち

2014年08月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
車の下に猫発見。1匹かなと思ったら奥にもう1匹いてちょっとびっくり。奥の猫の方も驚いてる。D600を持って這いつくばって撮影。肘がちょっと痛かった(2014年7月 ニコン D600)
車の下に猫発見。1匹かなと思ったら奥にもう1匹いてちょっとびっくり。奥の猫の方も驚いてる。D600を持って這いつくばって撮影。ヒジがちょっと痛かった(2014年7月 ニコン D600)

 夏の猫といえば車の下。夏、駐車した車の中は灼熱状態になるけど、下は日差しも当たらないし風は通るし邪魔者(人間のことです)からは死角になるしで、多くの猫が愛用してるのだ。

 そんな車の下猫特集であります。

 見つけやすいのは、車体の端っこの方にいてくれる猫。歩いてても、ちょっと目を横にやれば「あ、いた」となるわけで、人慣れしてるケースも多く、広角レンズでぐぐっと近づけばこんな写真を撮れる。

広角レンズで下から見上げると、車の迫力が出ていい。ニラんでるけど、人に慣れてるので大丈夫です(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)
広角レンズで下から見上げると、車の迫力が出ていい。ニラんでるけど、人に慣れてるので大丈夫です(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)

 これ、長野の渋温泉で見つけた猫。後ろに見える(いや、車で見えないか)旅館で世話しており、触らせないけど近づいてもOKなくらいは人に慣れてる。

 中にはこんなヤツも。

思わず生きてるのかと心配してしまうほど無防備に寝てる猫。暑かったんだからしょうがない。こういう姿を見るとほっとします(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)
思わず生きてるのかと心配してしまうほど無防備に寝てる猫。暑かったんだからしょうがない。こういう姿を見るとほっとします(2013年8月 オリンパス OM-D E-M5)

 30度をはるかに超える猛暑の下では、猫もぐったり。行き倒れ猫か、と思われるかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと生きてました。

 にしても、猛暑の中では、獣としての矜持もどっか行っちゃうようで、お疲れ様です。

(次ページに続く、「車の下の猫を撮るならチルトモニター機が便利!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART