このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

マイクロソフト・トゥディ ― 第106回

登録者数約9500人、エンプラ向けSNS「Yammer」を導入したシャープ

2014年08月14日 19時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトのエンタープライズソーシャルネットワーク「Yammer」が、日本においても広がりを見せ始めている。

「Yammer」サインアップページ

 Yammerは、フォーチュン500社のうち85%の企業が利用。全世界150ヵ国以上、23言語で活用され、800万人以上が利用している製品だ。

セキュアな環境で利用できる企業向けSNS
「Office 365」との統合も進み、さらに利便性が向上

 米Yammerの共同設立者であり、CTOを務めるアダム・ピソーニ氏は、「今までとは違う働き方をしたい、あるいはコミュニケーションの障壁を解決したい、という理由で、Yammerを導入する企業が増加している」と語る。

米Yammerの共同設立者であり、CTOを務めるアダム・ピソーニ氏

 Yammerは、2011年7月に米マイクロソフトが買収。それ以降、「Office 365」などとの統合が進み、利便性を向上。マイクロソフトのパートナーネットワークを通じて、さらに導入が加速しているところだ。

 コンシューマユーザーが利用しているソーシャルメディアの仕組みを、セキュアな環境を活用しながら企業において実現するYammerは、「さらなるつながりを生むこと、障壁を取り除くこと、オフィスでのソーシャル性を高めることができるという3つの特徴がある」とする。

さらなるつながりを生むこと、障壁を取り除くこと、オフィスでのソーシャル性を高めることができるという3つの特徴がある

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART