このページの本文へ

簡単かつ便利! Macのシステム環境設定を一発起動テク

2014年08月16日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「システム環境設定」にはOS Xの各種設定が集約されている。Macを買った直後だけでなく、日常的にも意外と開く機会は多いが、そんなときに毎回、アップルメニューやDockからソフトを呼び出して、さらに各設定のアイコンをクリックする……というのはいささか面倒だ。よく使う設定はショートカットキーで開ければスマートだろう。

通常のシステム環境設定の呼び出し方法は、アップルマークから開くか、Dockから起動するやり方が一般的

 アップル純正キーボードの最上段にはファンクションキーがあり、F1はディスプレイの明度を下げる、F10はサウンドをミュートにするなど、使用頻度の高い設定を簡単に変更できるようになっている。これらのファンクションキーと「option」キーを同時に押せば、システム環境設定のディスプレイパネル、Mission Controlパネル、キーボードパネル、サウンドパネルを一発で起動できるので便利だ。具体的には以下のような感じだ。

  • 「option」キー + F1 または F2:システム環境設定の「ディスプレイ」パネルを起動
  • 「option」キー + F3 または F4:システム環境設定の「Mission Control」パネルを起動
  • 「option」キー + F5 または F6:システム環境設定の「キーボード」パネルを起動
  • 「option」キー + F10 または F11 または F12:システム環境設定の「サウンド」パネルを起動

純正のキーボードにはこういったファンクションキーがある。MacTips連載のレギュラー選手「option」キーはここでも使える!

 なお、ファンクションキーを標準のファンクションキーとして割り当てているMacでは、これらのショートカットが使えない場合がある。そんなときはキーボードパネルの設定を確認してみよう。「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックが入っていれば、上記ショートカットキーに加えて「fn」キーを同時に押せばいい。

 この「標準のファンクションキー」設定にしていれば、F7でカタカナ、F8で半角カナ、F9で全角英数、F10で半角英数にそれぞれ変換できる。ファンクションキーで変換候補を確定する操作に慣れた人ならぜひ活用したい。

「ファンクションキーを」ではなく「F1、F2などのすべてのキーを」と分かりやすく言い換えて表記するアップルの優しさに胸キュン

 今回のショートカットキーは、ファンクションキーに描かれているデザインと、呼び出される環境設定パネルが一致している。これまで紹介してきたTipsよりも断然覚えやすいので、最近、Macを使い始めたという方もぜひ使ってみよう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中