このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第2回

消費電力が低いBluetoothテザリングを素早く利用する!

2014年08月12日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ちょっと面倒な接続の操作

通知領域のBluetoothアイコンを右クリックし「パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリック
通知領域のBluetoothアイコンを右クリックし「パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリック
接続先のスマホのアイコンを選択し、「接続方法」→「アクセスポイント」をクリックするとインターネットにつながる 接続先のスマホのアイコンを選択し、「接続方法」→「アクセスポイント」をクリックするとインターネットにつながる
通知領域左の「▲」をクリックして「カスタマイズ」を選択。一覧からBluetoothアイコンを選び「アイコンと通知を表示」で通知領域に常時Bluetoothアイコンが表示されるようになる

 ちなみに、初期状態ではBluetoothアイコンが通知領域に表示されず、インジケーターウィンドウに隠された状態となっている。インジケーターのカスタマイズを実行することで、通知領域に常時表示させておくことが可能だ。

 BluetoothテザリングをWindowsから実行するには、通知領域のBluetoothアイコンからパーソナルエリアへの接続を行なう。トータル6回のクリック操作が必要と少々面倒だ。

 後ほどラクにする方法を解説するが、まずはこの方法を基本的な操作方として覚えておこう。

Bluetoothテザリングの手間を省く!

コントロールパネルから「デバイスとプリンターの表示」を開く。一覧からスマホのアイコンを右クリックして「ショートカットの作成」をクリック
コントロールパネルから「デバイスとプリンターの表示」を開く。一覧からスマホのアイコンを右クリックして「ショートカットの作成」をクリック
デスクトップにショートカットが作成される。右クリックして「接続方法」→「アクセスポイント」を選択すると、Bluetoothテザリングが開始する なお、切断するには、再度ショートカットを右クリックして「デバイスネットワークからの切断」を選択すればオーケーだ
デスクトップにショートカットが作成される。右クリックして「接続方法」→「アクセスポイント」を選択すると、Bluetoothテザリングが開始するなお、切断するには、再度ショートカットを右クリックして「デバイスネットワークからの切断」を選択すればオーケーだ

 Bluetoothテザリングを常用していると、前述の操作が非常にめんどうになってくる。

 特に急いでいるときほど、接続に手間取りイライラしてしまうことも。そんなBluetoothテザリングをできるだけ省力化するには、「デバイスとネットワーク」に表示されるアイコンのショートカットを、デスクトップに作成しておく。そうすれば、デスクトップ画面のアイコンを右クリックしてすばやく接続できるようになる。

次回は、高解像度モニターなどで表示される文字の見づらさを改善するTipsを解説したい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン