このページの本文へ

イベントにはグラドル自撮り部が集結!

吉田早希さんの「名峰」と水着膝枕を堪能! 東京グラドルフェスティバルにOculusが!?

2014年08月12日 14時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
倉持由香さん(左)と吉田早希さん(右)

 8月10日、東京都渋谷区で開催されたグラビアアイドルとファンの交流イベント「東京グラドルフェスティバル VOL.0」。グラドル自画撮り部の倉持由香さん、吉田早希さん、塚本舞さんほか、前田美里さん、市川咲さん、水月桃子さん、糸山千恵さん、白川卯奈さん、黒田万結花さん、菜乃花さん、藤田恵名さん、青山ひかるさん、池田ショコラさん、葉月あやさん、小泉ここさん、土山茜さんが出演し、ファンとのチェキ撮影やゲームを行い、会場はおおいに盛り上がった。

会場に展示されていた最新のOculus Rift DK2。右の写真のディスプレーに写っているのが、グラドル吉田早希さんの会場限定コンテンツだ

 同イベントはマウスコンピューターが協賛しており、会場限定のOculus Rift DK2対応コンテンツを展示していた。なんと、イベント出演グラドルの吉田早希さんを、GoProを6台使用した360度カメラで撮影したもの。パーソナルVR開発者団体「Oculus Fes」の協力で制作されたというVRコンテンツを、「G-Tune」ブランドのハイスペックノートPCを使用して楽しむことができた。

イベントでは吉田さんがOculusの告知をするコーナーもOculusを手にした倉持さんと吉田さん

 ところで、なぜグラドルのイベントにOculus Riftなのか。そもそも吉田さんは以前、Oculusを実際に体験して感銘を受け、現在販売されている開発者用キットを自分で購入してしまったのだという。ただし、OculusのコンテンツをPC上で動作させるためにはかなりのスペックが要求される。スペックの高いPCを探し求めた結果、G-TuneのPCを使い始めたことが縁で、今回の協賛とコンテンツ制作が実現したのだそうだ。

PC画面に映るミラー映像。Oculusのディスプレー上では対象はもっと近くに見える
膝枕の映像。頭を動かせばいろんな角度で吉田さんを堪能できる
こちらはガラステーブルの上に乗った吉田さんを下から眺めるという、なんともマニアックな映像

 コンテンツは、水着姿の吉田さんが部屋の中を動き回る映像、膝枕をしてもらっている(というシチュエーションの)映像、ガラステーブルに体を押し付ける吉田さんを真下から撮影した映像の3つ。特に膝枕とガラステーブルの映像は、どちらも吉田さんを下から見上げる形になるのがポイント。Oculus Rift DK2のフルHD解像度も相まって、あたかも本物の吉田さんの「名峰」をすぐそばから眺めているようなド迫力の映像が楽しめるのだ。

見ての通り大迫力だ
Oculus装着中の人々。かなり怪しい人たちに見える

 会場限定で体験できたコンテンツだが、後日、G-Tune:GarageのOculus体験コーナーで、店舗限定の特別版が体験できる見込みだ。Oculusは非常に魅力的なデバイスなのだが、その凄さは実際に体験してもらわなければ分からない部分が多いので、興味のある人はぜひG-Tune:Garageへ足を運んでいただきたい。

前列左から、前田美里さん、吉田早希さん、倉持由香さん、塚本舞さん、市川咲さん、水月桃子さん。後列左から、糸山千恵さん、白川卯奈さん、黒田万結花さん、菜乃花さん、藤田恵名さん、青山ひかるさん、池田ショコラさん

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社