このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

初心者がスマホを買ったらすぐ入れるべきアプリ30選 ― 第1回

スマホを購入したら即インストールすべきAndroidアプリ10選

2014年08月11日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホの夏モデルを手にしたら
絶対入れたいAndroidアプリ10選!

 夏のスマホ入門として、3回連続でお送りするアプリ特集。第1回ではAndroid向けのアプリを紹介する。チョイスとしてはエントリー向けで、設定や見た目をカスタマイズするものが中心だ。パワーユーザーとしては確認事項になるかもしれないが、なかなか便利なアプリが日々登場しているので、新しい出会いもあるだろう。

 また以下のアプリは、「AQUOS PHONE EX SH-04E」で動作を確認している。2013年初頭のモデルなので、2014年のスマホであれば、まず問題なく動作するだろう。

Manner Mode Smart Launcher aNdClip クリップボード拡張 Free版 OreSettings Ms FolderNote Free
Talon for Twitter 高度な写真編集者 - Photo Editor Pro 通信量モニター Androidクリーナー ファイルマネージャー

※アイコンをクリックすると、そのアプリの紹介に飛びます。


問答無用でサウンドをミュートにする
Manner Mode

Manner Mode

作者: Michiaki Mizoguchi
価格:無料


 Androidの仕様として、ステータスパネルからマナーモードに変更しても、映像再生時のサウンドなどのボリュームなどはミュートされないことがある。そこで便利なのがManner Modeだ。設定はとても簡素で、ミュートにする対象を決めたり、ミュートのパターンを選ぶだけ。あとはウィジェットを登録しておけば、タップでミュート状態にできる。

設定画面。「バイブレーションでミュート」を基本にするといいだろうウィジェットとして配置したところ。オンオフでアイコンが変化するため、状況把握もしやすい

シンプルかつ使いやすいホームに変更しよう
Smart Launcher

Smart Launcher

作者:GinLemon
価格:無料


 パワーユーザーには当たり前となっているホームアプリの変更。端末に搭載されているホームUI以外にもカスタマイズに優れたホームアプリは数多くGoogle Playに並んでいる。中にはカスタマイズできすぎて難易度の高いものがあるが、本アプリはインストールするだけでも使い勝手がよくなるうえ、挙動も軽いためオススメだ。

 ウィジェット中心ではなく、よく使用するアプリをホームに配置する点が特長で、ウィジェット類はページを切り替えて表示する。また、アプリ一覧もカテゴリー分けとアプリでの検索と、これも一度触れると納得の操作体系になっている。

デフォルトで用意されているテーマ。各種アイコンへの割り当ては自動的に行なわれるが、任意での変更、追加も可能だ設定メニューも日本語になっており、かつジャンル分けが明瞭なので迷いにくい
ジェスチャー機能にも対応するため、自分用としてのカスタマイズはとてもやりやすい多数のテーマが登場しており、がらっと見た目を変更できる点も魅力的だ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART