このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

極上ボディでスタミナ抜群、WQHD対応の13.3型モバイルノート「dynabook KIRA V63」を検証 ― 第2回

普段使いには十分すぎる性能

13.3型「dynabook KIRA V63」はWQHDをフルに使えるスキのない構成

2014年08月15日 09時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
重量約1.12kgで14時間駆動の13.3型モバイルノート「dynabook KIRA V63」

 東芝の「dynabook KIRA V63」は、2560×1440ドットの高精細なディスプレーを搭載した13.3型の軽量薄型ノートだ。前回は、高品質な本体デザインや各部の優れた使い勝手について紹介したが、魅力的なのは外観面だけではない。CPUやメモリーなどの構成パーツにもこだわることで、PCとしての高い性能を実現しているのだ。今回はdynabook KIRA V63の性能面について、ベンチマーク結果を交えながら紹介する。

dynabook KIRA V63の主なスペック
製品名 dynabook KIRA V63
型番 V63/28M
CPU Core i5-4210U(1.70GHz)
メモリー 8GB
ディスプレー 13.3型ワイド(2560×1440ドット)
グラフィックス機能 インテル HD グラフィックス 4400(CPU内蔵)
ストレージ 約128GB SSD
光学式ドライブ -
通信規格 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×3、HDMI端子、92万画素ウェブカメラ
メディアスロット SD/SDHC/SDXCメモリカード
テレビ機能 -
サウンド機能 harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量 約幅316.0×奥行き207.0×高さ7.6~17.9mm/約1.12kg
バッテリー駆動時間 約14時間(JEITA1.0)/約11.5時間(JEITA2.0)
OS Windows 8.1 Update(64bit)
オフィスソフト Office Home and Business 2013(SP1)
主要ソフト Adobe Photoshop Elements 12


(次ページ「性能の高いものばかりを選んだスキのないパーツ構成」へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー