このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ノスタルジーか文化の再生か、HMV record shop 渋谷がオープン

2014年08月08日 11時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HMV record shop 渋谷

 東京の渋谷区宇田川町に「HMV record shop 渋谷」がオープンした。海外で買い付けた洋楽全盛期の中古レコードとCD、独自企画盤も含めて約8万点が並ぶ。ローソンHMVエンタテイメントとしては初の中古専門店で、8月2日の開店初日には入店待ちの列ができるなど、リスナーの関心も高いようだ。

 渋谷のHMVと言えば、2010年8月に閉店した「HMV渋谷」の記憶が新しい。閉店した当時「CD不況とインターネット販売に負けた」と言われたが、その渋谷系文化の発信地と呼ばれた拠点が消えてから4年。まさかの再進出を果たしたHMVのターゲットは、ずばり当時の「90年代渋谷系世代」だった。

CDの売上を補完するための中古

 2010年のHMV渋谷閉店後に、HMVジャパンはローソンの完全子会社となり、現在はローソンHMVエンタテイメントが「HMV」ブランドを使用している。本家イギリスのHMV Group PLCとは、すでに経営上の関係はない。

 そのローソンによる子会社後は、ショッピングセンターを中心に新規出店を続けているが、CDの売上不振が続く中、HMVとしてアナログレコード主体の中古専門店を出す理由は何なのか。

 また、HMV record shop 渋谷が置かれた渋谷区宇田川町は、かつては大手から個人経営の小さなショップまでが集まる「世界一のレコ屋街」と言われていた。HMV record shop 渋谷も、それまでDANCE MUSIC RECORDS(DMR)があったノアビルのフロアに入っている。ここに第1号店を構えるのは、何か意図があるのか。

場所は東京都渋谷区宇田川町36-2。井の頭通りをはさんだ東急ハンズ向かい(写真右側)のノア渋谷1F、2F
開店前日の8月1日にはメディア向け内覧会と質疑応答が行われた。その席で挨拶に立つHMV record shop 渋谷店長、竹野智博氏HMV record shop 渋谷の事業責任者で、株式会社ローソンHMVエンタテイメント新業態・開発本部本部長の小松正人氏

 「CDの生産額が年々落ち、その部分を補完しなければならない。その一環として中古商材があるが、強力な競合がある。そこで専門性を高めるためにアナログは不可欠(小松正人氏)」という判断から。渋谷店がこの場所になったのは、たまたま中古事業立ち上げのタイミングで話があったから、ということらしい。

(次ページでは、「1Fはシニア層、2FはかつてのHMVに近いイメージ」

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART