このページの本文へ

重低音をカットするなど周囲に気兼ねなく視聴できるマナーモードを搭載

パイオニア、テレビ周りにすっきり配置できるホームシアター

2014年08月06日 18時05分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
利用イメージ(HTP-SB560)

 パイオニアは、テレビ周りにすっきり設置できるスリムデザインのホームシアターシステム4製品を発表、8月下旬に発売する。

110cmの横長バータイプスピーカーからなる5.1chサラウンドシステムHTP-SB760。独自のサラウンド技術「フロントバーモード」で後ろ側にもスピーカーがあるような音場を形成する

 バータイプの「HTP-SB760」、「HTP-SB560」。本格的なサラウンドを楽しめるトールボーイタイプの「HTP-S767」、コンパクトスピーカータイプ「HTP-S363」の4製品。いずれもセンタースピーカーに銅キャップを採用するワイドバンドフルレンジユニットにより高音をクリアに再生、HDMI2.0準拠のHDMI端子によって対応するテレビリモコンからホームシアターを制御できる。

80cmのバータイプスピーカーからなる3.1chサラウンドシステムHTP-SB560。テレビスタンドの形状や画面の高さに合わせてバーの角度や高さを調節することができる

 A2DPプロファイルのBluetooth対応でスマホなどの音楽再生も可能なほか、重低音をカットするモードと人の話し声を残して低音成分をカットする2つのマナーモードやサラウンド対応ヘッドホン端子装備により周囲を気にせず音楽やテレビを楽しめる。

4つのトールボーイスピーカーとサブウーファーなどで構成される5.1chサラウンドシステムHTP-S767。トールボーイスピーカーには6.6cmコーン型ウーファーと2.6cmセミドームトゥイーターを組み合わせている

 HTP-SB760は50インチ以上の大型テレビに合う横幅110cmのバータイプスピーカーとサブウーファーからなる5.1chシステム。HTP-SB560は横幅80cmのバータイプスピーカーを持つ3.1chシステム。HTP-S767は4つのトールボーイ(縦型)スピーカーからなる5.1chサラウンドシステム。HTP-S363は4つのコンパクトスピーカーを使用する5.1chサラウンドシステム。価格はいずれもオープンプライス。

設置場所を選ばない4つのコンパクトスピーカーとサブウーファーなどで構成される5.1chサラウンドシステムHTP-S363。サラウンドスピーカーとフロントスピーカーを重ねて前方に設置してもサラウンド感を再現する独自のサラウンド技術「フロントサラウンド・アドバンス」を搭載する
■Amazon.co.jpで購入【既存製品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン