このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2014年決定版! 最強に効く蚊取りグッズはコレだ! ― 第1回

どれが最強? 蚊取り線香グッズ対決2014【前編】

2014年08月08日 18時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII.jpでは3年前、「LED電球は虫が寄ってこない」「スマートフォンの虫除けアプリがある!」というタレコミの真偽を調べるために、富士山の麓で実験を行なった。真偽のほどは「虫はLED光が本当に嫌いなのか!? キャンプ場で噂を検証!」を見てほしい。

河原にBBQをしに遊びに行ったわけじゃない。蚊の多そうな河原に行って蚊取りグッズの実験をしてきただけだ! BBQは目的の7割ぐらいだけどなっ!(笑)

 しかし「コレだけじゃ記事にならネーんじゃね?」ということで、下界のホームセンターでシコタマ蚊取りグッズを買い込んで、急遽「メーカー対抗!蚊取り線香対決!最強の蚊取りグッズはどれだ!?」的な企画をブッ込んだ。

キャンプ地なら蚊がたくさんいるんじゃない? という適当な理屈で取材しに行ったのだが、蚊がまったく出ない稀有なキャンプ地だったという前回

 そんな底上げ用の「蚊取り線香対決」記事だったが、我々の思惑に反してPVのカウンターをブンブン回し、偉い人が呆れるほど人気記事となった(笑)。今でもこの記事は、この季節になるとカウンターが唸りを上げて回りだすという季節の祭事にすらなっている。内情ぶっちゃけすぎ!

 そこで電気とかデジタルとか、アニメとかフィギュアとかまったく関係ネーけど、「メーカー対抗!蚊取りグッズ対決2014」を開催する! プライドよりPV!それがASCII.jpの心意気だぜ!

 まず前編では蚊取り線香対決。後編では虫除けとスプレー式蚊取り対決をお届けしよう。加えて車用の虫除けや、医薬品扱いで薬剤師からじゃないと買えないという伝説の虫除けも紹介する!

スーパーやホームセンターで買い集めた蚊取りグッズの性能を検証するぜ!
3年前は水場がなく蚊が少なかったので、今回はクルマを飛ばして川の上流にGO!

蚊よりもウヨウヨ!たくさんの蚊取り線香にビビった!

 まずは「日本の夏」と言えば、蚊取り線香だ。夏の代名詞と言っていいアノ香りがするだけで、雪空でも夏と勘違いしてしまうほどだ。まぁ筆者の場合は、キミたちと鍛え方が違うので、女子の汗の香りだけで夏を感じられるのだが……。

 そんなかぐわしい蚊取り線香は、日本全国で毎夜焚かれている。夏の夜の日本を衛星写真で映すと、蚊取り線香の煙で曇るというぐらいだ。

 そこでまず近所のスーパーやホームセンターをハシゴして、アース、キンチョー、フマキラーの3社から発売されている、すべての蚊取り線香を買ってきた。

【アース製薬】

アース渦巻香 30巻入(ノーマル)(約600円)

黒電話がスマートフォンになってもデザインが変わらない蚊取り線香

・アース渦巻香 10巻入(アロマグリーンの香り)(約250円)

和のテイストが入った若草色がオシャレ

・アース渦巻香 10巻入(バラの香り)(約250円)

火をつけなくてもバラが香る! 赤紫の鮮やかさが新鮮!

・アース渦巻香 10巻入(ラベンダーの香り)(約250円)

これも火をつけなくても香りがする。色は仏壇のお線香の紫と同じ

【キンチョー(大日本除虫菊)】

・金鳥の渦巻 10巻入(ノーマル)(約350円)

まったくデザインを変える気がないキンチョーの蚊取り線香。2014年から長年使っていたスローガンを変え「これでいいのか? KINCHO」と自問自答しはじめた

・金鳥の渦巻 10巻入(ローズの香り)(約400円)

ほのかなバラ(のような)香りがする。アースに比べると彩度が低く、ちょっと枯れたドドメ色のバラ

・金鳥の渦巻 10巻入(森の香り)(約400円)

「まろやかな森の香り」という、かなり意味不明な香りを掲げている。いままで行ったことのないような森の香りが火をつけなくてもほんのり

【フマキラー】

・フマキラー蚊とり線香本練りジャンボ 50巻入(650円)

“品質本位に選んだ材料を丹念に練り込んだ「本練り」のこだわりが、香りにも色合いや風合いにも生きています”と。「うどんの手打ち」みたいなモン?

 どうやらトレンドは、色々な香りということらしく、各メーカーから何種類も発売されてるじゃないかっ! 「3本だけ実験すればいいから30分も実験すりゃ終わりじゃネ?」という我々の目論見は早くも崩れ去った。

 アースにいたっては、ノーマルフレーバーとあわせると4つもあり、アイスのスーパーカップ並みに好みが選べる利用者はイイが、俺らはいい加減にしろっ! と叫びたくなる。

次ページでは、「実験のためにもまずは虫集め。虫取り網をぶん回します!

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社